お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-12-17 16:15
共振器集積導波モード共鳴フィルタの提案と設計
井上純一間嶋竜也裏 升吾粟辻安浩京都工繊大OPE2010-138 エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2010-138
抄録 (和) 微小開口の光学波長フィルタとして共振器集積導波モード共鳴フィルタ(CRIGF) を提案する.2つの分布ブラッグ反射器からなる共振器と導波モード共鳴格子とで構成する.共振作用を利用することで,結合係数の小さな周期構造でも高効率反射が見込める.解析手法にはモード結合理論の適用を検討した.フィルタ特性を計算した結果,100 % 近くの最大反射率となった.この結果はFDTD シミュレーションの結果と良く一致していた.また開口を小さくするほど狭帯域特性となることが分かった. 
(英) We proposed a small-aperture wavelength filter consisting of a guided-mode resonance grating located inside a cavity formed by two distributed Bragg reflectors. By the resonance effect, high efficiency reflectance can be expected even with small coupling coefficient. Design consideration was discussed based on the coupled mode analysis. Predicted performance was confirmed by the finite difference time domain method. As the aperture got smaller, the narrower-band characteristics became.
キーワード (和) 導波路 / 導波モード共鳴 / 分布ブラッグ反射器 / 共振器 / / / /  
(英) Waveguides / Guided-mode Resonance / Distributed Bragg Reflectors / Cavity Resonator / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 352, OPE2010-138, pp. 37-41, 2010年12月.
資料番号 OPE2010-138 
発行日 2010-12-10 (OPE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OPE2010-138 エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2010-138

研究会情報
研究会 OPE  
開催期間 2010-12-17 - 2010-12-17 
開催地(和) 機械振興会館地下3階2号室 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 光パッシブコンポネント(フィルタ,コネクタ,MEMS)、シリコンフォトニクス、光ファイバ、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OPE 
会議コード 2010-12-OPE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 共振器集積導波モード共鳴フィルタの提案と設計 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal and design of cavity-resonator-integrated guided-mode resonance filter 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 導波路 / Waveguides  
キーワード(2)(和/英) 導波モード共鳴 / Guided-mode Resonance  
キーワード(3)(和/英) 分布ブラッグ反射器 / Distributed Bragg Reflectors  
キーワード(4)(和/英) 共振器 / Cavity Resonator  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 純一 / Junichi Inoue / イノウエ ジュンイチ
第1著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Technology (略称: Kyoto Inst.Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 間嶋 竜也 / Tatsuya Majima / マジマ タツヤ
第2著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Technology (略称: Kyoto Inst.Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 裏 升吾 / Shogo Ura / ウラ ショウゴ
第3著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Technology (略称: Kyoto Inst.Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 粟辻 安浩 / Yasuhiro Awatsuji / アワツジ ヤスヒロ
第4著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Technology (略称: Kyoto Inst.Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-12-17 16:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OPE 
資料番号 IEICE-OPE2010-138 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.352 
ページ範囲 pp.37-41 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-OPE-2010-12-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会