電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-12-17 13:00
市街地道路における車車間通信用パス遮蔽モデルに関する検討
向畑政幸多賀登喜雄関西学院大AP2010-126
抄録 (和) 本報告では, 市街地の溝型直線道路における車車間通信に関し, 送受信車両間に他の走行車両が存在する場合に, それら周辺車両(遮蔽車両)によって引き起こされる伝搬パス遮蔽のモデル化を検討している. 通信車両, 遮蔽車両ともに道路を等間隔に走行している伝搬環境状況を想定し, 周辺車両無しの条件でレイトレーシング法を用いて推定される伝搬パスが, 何台の遮蔽車両によって遮蔽されるのかを道路幅, 車頭距離, アンテナ高などをパラメータとして, 幾何光学的観点から数式的にモデル化の検討を行っている. 提案するパス遮蔽モデルでは走行車両密度の異なる複数車線に対しても, 各伝搬パスの遮蔽を引き起こす遮蔽車両の台数が推定可能である. また, 提案モデルを用いた伝搬損失推定例を示す. 
(英) This paper investigates a path shadowing model due to vehicles moving between transmitter and receiver, named shadowing vehicles below, for Inter-Vehicle Communications (IVC) systems in urban straight roads. In this paper, a radio propagation scenario where a transmitter, receiver, and the shadowing vehicles move with equal spaces in a driving lane is assumed, and a geometrically based mathematical model that expresses how many times the shadowing vehicles interrupt the specular paths predicted by ray-tracing techniques in a vacant straight road is constructed with respect to some parameters of the road width, the headway distance between vehicles, the antenna height, and so on. The proposed model can estimate the number of shadowing events in a general propagation scenario that has several lanes with different vehicle densities. The propagation loss predicted applying this proposed model is also shown.
キーワード (和) ITS / 車車間通信 / レイトレーシング / パス遮蔽 / 伝搬損失推定 / / /  
(英) ITS / Inter-Vehicle Communications / ray-tracing / path shadowing / prediction of propagation loss / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 347, AP2010-126, pp. 49-54, 2010年12月.
資料番号 AP2010-126 
発行日 2010-12-10 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2010-126

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2010-12-17 - 2010-12-17 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) AP 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2010-12-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 市街地道路における車車間通信用パス遮蔽モデルに関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Path Shadowing Model for Inter-Vehicle Communications in Urban Streets 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ITS / ITS  
キーワード(2)(和/英) 車車間通信 / Inter-Vehicle Communications  
キーワード(3)(和/英) レイトレーシング / ray-tracing  
キーワード(4)(和/英) パス遮蔽 / path shadowing  
キーワード(5)(和/英) 伝搬損失推定 / prediction of propagation loss  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 向畑 政幸 / Masayuki Mukohata / ムコハタ マサユキ
第1著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 多賀 登喜雄 / Tokio Taga / タガ トキオ
第2著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-12-17 13:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2010-126 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.347 
ページ範囲 pp.49-54 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2010-12-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会