電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-12-17 15:50
市街地におけるマイクロ波帯FPU移動伝搬実験
鵜澤史貴光山和彦池田哲臣NHKRCS2010-197
抄録 (和) マイクロ波帯におけるFPU(Field Pick-up Unit)の大容量化・高信頼化に向けた研究を行っている.
マラソンなどの中継が行われる市街地では,マイクロ波帯を用いた移動伝送は信号減衰やドップラー変動が大きく,途切れない伝送を実現するのは難しい.
こうした環境でも安定した移動伝送を行うために,伝送エリアを複数基地局でカバーし,それらの受信信号を合成させる受信方法を検討している.
このシステムを設計するにはドップラー特性など,現在使用しているマイクロ波帯FPUの移動伝搬特性を把握することが不可欠である.
そこで今回は京都市内で収録した伝搬データを元に,遅延プロファイルやドップラースペクトルの解析を行った.
得られたドップラースペクトルから12パスの伝搬モデルを作成しマルチパス環境の再現を試みた結果,主に3種類のマルチパス環境に分類できることを確認した. 
(英) We have been studying on microwave FPU (Field Pick-up Unit) for large capacity and high reliability.
It is difficult to achieve uninterrupted mobile transmission using microwave in urban area where has been made broadcasting to relay such as marathon, because microwave transmission has large signal attenuation and Doppler variations.
In order to make stable mobile transmission, we are considering how to receive, which synthesizes received signals in several base stations.
For building up this system, it is necessary that we analyze the mobile propagation property, such as Doppler characteristics, of current microwave FPU.
Therefore, we analyzed delay profiles and Doppler spectrums, based on the propagation data recorded in Kyoto city.
We tried to reproduce multipath environment by creating propagation models in 12 paths using the doppler spectrums we had obtained.
As the result, we confirmed the multipath environment can be divided into three types.
キーワード (和) FPU / マイクロ波 / 移動伝搬特性 / 遅延プロファイル / ドップラースペクトル / マルチパス環境 / /  
(英) FPU / microwave / mobile propagation property / delay profile / Doppler spectrum / multipath environment / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 340, RCS2010-197, pp. 227-232, 2010年12月.
資料番号 RCS2010-197 
発行日 2010-12-09 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2010-197

研究会情報
研究会 NS RCS  
開催期間 2010-12-16 - 2010-12-17 
開催地(和) 岡山大学 
開催地(英) Okayama Univ. 
テーマ(和) モバイル、アドホック、ユビキタス、無線、セキュリティ、マルチアクセス、アクセスネットワーク・UserNetworkInterface、Homeネットワーク、一般 
テーマ(英) Mobile Ad-hoc Network, Ubiquitous Network, Wireless Communication, security, Multi-Access Network 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2010-12-NS-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 市街地におけるマイクロ波帯FPU移動伝搬実験 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Mobile Propagation Experiment Using Microwave FPU System in Urban Area 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) FPU / FPU  
キーワード(2)(和/英) マイクロ波 / microwave  
キーワード(3)(和/英) 移動伝搬特性 / mobile propagation property  
キーワード(4)(和/英) 遅延プロファイル / delay profile  
キーワード(5)(和/英) ドップラースペクトル / Doppler spectrum  
キーワード(6)(和/英) マルチパス環境 / multipath environment  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鵜澤 史貴 / Fumiki Uzawa / ウザワ フミキ
第1著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 光山 和彦 / Kazuhiko Mitsuyama / ミツヤマ カズヒコ
第2著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 池田 哲臣 / Tetsuomi Ikeda /
第3著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-12-17 15:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2010-197 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.340 
ページ範囲 pp.227-232 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2010-12-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会