お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-12-17 13:25
複数のサブパルスに圧縮する幅広2値符号の特性
高瀬浩史神力正宣日本工大SANE2010-132
抄録 (和) 本論文では,複数のサブパルスに圧縮する幅広 2 値符号を提案した.符号長 60 までを対象に計算機を用い て時間サイドローブの小さな符号を探索した結果,圧縮比が 10~40 の領域において,時間サイドローブの小さな幅 広 2 値符号が存在することを見出した.圧縮比によっては,サイドローブのピーク値とメインローブのピーク値の比 が従来 2 値符号に比べ約 8[dB] 程度改善できることが分かった.また,幅広 2 値符号の周波数帯域特性およびドップ ラー周波数特性をシミュレーションにより評価した. 
(英) The new binary codes, which compress a pulse to a width of several subpulses, are proposed. The proposed binary codes with range of code length up to 60 is surveyed. It is found that the peak-sidelobe to peak-mainlobe ratios of proposed binary codes are smaller than those of conventional binary codes. And also the bandwidth characteristic and the Doppler characteristic for the proposed binary codes are evaluated.
キーワード (和) パルス圧縮 / 2 値符号 / サイドローブ / レーダ / / / /  
(英) pulse compression / binary code / sidelobe / radar / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 348, SANE2010-132, pp. 31-35, 2010年12月.
資料番号 SANE2010-132 
発行日 2010-12-10 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SANE2010-132

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2010-12-17 - 2010-12-17 
開催地(和) 日本工業大学 
開催地(英) Nippon Institute of Technology 
テーマ(和) レーダ信号処理及び一般 
テーマ(英) Radar signal processing and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2010-12-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複数のサブパルスに圧縮する幅広2値符号の特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Properties of Binary Codes Compressed to Several Chips 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) パルス圧縮 / pulse compression  
キーワード(2)(和/英) 2 値符号 / binary code  
キーワード(3)(和/英) サイドローブ / sidelobe  
キーワード(4)(和/英) レーダ / radar  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高瀬 浩史 / Hiroshi Takase / タカセ ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: NIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 神力 正宣 / Masanori Shinriki / シンリキ マサノリ
第2著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: NIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-12-17 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2010-132 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.348 
ページ範囲 pp.31-35 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-SANE-2010-12-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会