電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-12-17 13:00
信号処理による距離測定の高感度化 ~ 符号干渉を用いてレーザレーダ受信機性能改善 ~
毛 雪松井上大介松原弘幸各務 学豊田中研
抄録 (和) レーザレーダの受信光パワーは、対象物の距離、サイズ、反射率などの影響で広い範囲内で変化する。レーザレーダの送信信号を符号化させて高感度化する方式を検討しているが、受信光パワーのダイナミックレンジが大きいため受信信号を復号する際に利用する閾値の設定が難しくなるという問題がある。本論文では、符号干渉を用いてレーザレーダ受信機性能を改善する新しい方式としきい値の最適化法を提案する。また、提案した方式をシミュレーションと実験で検証し考察を行ったので報告する。 
(英) The power of laser radar received echoes varies over a large range due to many factors such as target range, size, reflection factor, etc, which leads to the difficulty of giving a fixed threshold for decoding codes from the received noise buried signals for code modulated laser radars. In this paper, we firstly show the problem that will be discussed. Then, a novel method basing on inter symbol interference is proposed for solving the problem. The method will be approved by simulations and experiments. Finally, we discuss the obtained results theoretically.
キーワード (和) 符号干渉 / レーザレーダ / バンドパースフィルタ / PNコード変調 / / / /  
(英) Inter Symbol Interference / Laser Radar / Bandpass Filter / PN Code Modulation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 348, SANE2010-131, pp. 25-29, 2010年12月.
資料番号 SANE2010-131 
発行日 2010-12-10 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2010-12-17 - 2010-12-17 
開催地(和) 日本工業大学 
開催地(英) Nippon Institute of Technology 
テーマ(和) レーダ信号処理及び一般 
テーマ(英) Radar signal processing and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2010-12-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 信号処理による距離測定の高感度化 
サブタイトル(和) 符号干渉を用いてレーザレーダ受信機性能改善 
タイトル(英) High Sensitive Range Measurement by Radar Signal Processing 
サブタイトル(英) Laser Radar Receiver Improvement by Inter Symbol Interference 
キーワード(1)(和/英) 符号干渉 / Inter Symbol Interference  
キーワード(2)(和/英) レーザレーダ / Laser Radar  
キーワード(3)(和/英) バンドパースフィルタ / Bandpass Filter  
キーワード(4)(和/英) PNコード変調 / PN Code Modulation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 毛 雪松 / Mao Xuesong / モウ セツショウ
第1著者 所属(和/英) 豊田中央研究所 (略称: 豊田中研)
Toyota Central R&D Labs., Inc (略称: Toyota Central R&D Labs., Inc)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 大介 / Daisuke Inoue / イノウエ ダイスケ
第2著者 所属(和/英) 豊田中央研究所 (略称: 豊田中研)
Toyota Central R&D Labs., Inc (略称: Toyota Central R&D Labs., Inc)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松原 弘幸 / Hiroyuki Matsubara / マツバラ ヒロユキ
第3著者 所属(和/英) 豊田中央研究所 (略称: 豊田中研)
Toyota Central R&D Labs., Inc (略称: Toyota Central R&D Labs., Inc)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 各務 学 / Manabu Kagami / カガミ マナブ
第4著者 所属(和/英) 豊田中央研究所 (略称: 豊田中研)
Toyota Central R&D Labs., Inc (略称: Toyota Central R&D Labs., Inc)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-12-17 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2010-131 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.348 
ページ範囲 pp.25-29 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-SANE-2010-12-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会