電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-12-17 15:00
PALSARとPi-SAR-Lによる第一回Bistatic SAR観測実験
藤村卓史戸塚英治今井教尋松尾伸吾木村恒一NEC)・石井知子大浦嘉隆NEC航空宇宙システム)・島田政信JAXA
抄録 (和) 本報告では、衛星搭載SAR であるPALSARの送信波を用いた航空機搭載SARのPi-SAR-Lによる初のBistatic SAR観測実験について報告する。Bistatic SAR観測のための特別な改造をPi-SAR-Lに施すことなく、適切な観測条件及び制御パラメータの設定と画像処理のみで、初のBistatic SAR観測実施とBistatic SAR画像化に成功した。 
(英) This paper shows the first bistatic SAR observation experiment with the spaceborne SAR : PALSAR and the airborne SAR : Pi-SAR-L. Without the special change of Pi-SAR-L for the bistatic SAR observation, the first trial of bistatic SAR operation and image processing were succeeded only with the choice of appropriate experiment condition, the control parameters of Pi-SAR-L and the image processing.
キーワード (和) SAR / Pi-SAR-L / PALSAR / Bistatic SAR / / / /  
(英) SAR / Pi-SAR-L / PALSAR / Bistatic SAR / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 348, SANE2010-135, pp. 49-52, 2010年12月.
資料番号 SANE2010-135 
発行日 2010-12-10 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2010-12-17 - 2010-12-17 
開催地(和) 日本工業大学 
開催地(英) Nippon Institute of Technology 
テーマ(和) レーダ信号処理及び一般 
テーマ(英) Radar signal processing and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2010-12-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) PALSARとPi-SAR-Lによる第一回Bistatic SAR観測実験 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The First Bistatic SAR Experiment with the Spaceborne SAR : PALSAR and the Airborne SAR : Pi-SAR-L 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) SAR / SAR  
キーワード(2)(和/英) Pi-SAR-L / Pi-SAR-L  
キーワード(3)(和/英) PALSAR / PALSAR  
キーワード(4)(和/英) Bistatic SAR / Bistatic SAR  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤村 卓史 / Takashi Fujimura / フジムラ タカシ
第1著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸塚 英治 / Hideharu Totsuka / トツカ エイジ
第2著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 今井 教尋 / Norihiro Imai / イマイ ノリヒロ
第3著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 松尾 伸吾 / Shingo Matsuo / マツオ シンゴ
第4著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 恒一 / Tsunekazu Kimura / キムラ ツネカズ
第5著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 知子 / Tomoko Ishii / イシイ トモコ
第6著者 所属(和/英) 日本電気航空宇宙システム株式会社 (略称: NEC航空宇宙システム)
NEC Aerospace Systems,Ltd (略称: NEC Aerospace Systems)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 大浦 嘉隆 / Yoshitaka Oura / オオウラ ヨシタカ
第7著者 所属(和/英) 日本電気航空宇宙システム株式会社 (略称: NEC航空宇宙システム)
NEC Aerospace Systems,Ltd (略称: NEC Aerospace Systems)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 島田 政信 / Masanobu Shimada / シマダ マサノブ
第8著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-12-17 15:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2010-135 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.348 
ページ範囲 pp.49-52 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-SANE-2010-12-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会