電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-12-16 15:10
[ポスター講演]CMOS R-2Rラダー回路のチャネル幅調整による線形性最適化に関する研究
加藤雄大範 公可電通大ICD2010-105 エレソ技報アーカイブへのリンク:ICD2010-105
抄録 (和) 本論文では,各ビットセルのチャネル幅を調整することでCMOS R-2Rラダー回路の線形性を最適化する方法を紹介する.回路シミュレータを利用し,チャネル幅を逐次変更して線形性を評価していくことで,最終的に値が収束し,線形性が最大となるチャネル幅を求めることができる. 
(英) In this paper, we present the method of how to optimize the linear CMOS R-2R ladder by adjusting the channel width. We could obtain the linear optimization by changing channel width sequentially with a circuit simulator and evaluating the linear characteristics. Finally, the linear optimized value of the channel width could get the maximization and reach the convergence.
キーワード (和) 集積回路 / デジアナ混載 / D/Aコンバータ / R-2Rラダー / 線形性最適化 / / /  
(英) mix-ed signal / digital to analog converter / R-2R ladder / linear optimization / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 344, ICD2010-105, pp. 59-63, 2010年12月.
資料番号 ICD2010-105 
発行日 2010-12-09 (ICD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICD2010-105 エレソ技報アーカイブへのリンク:ICD2010-105

研究会情報
研究会 ICD  
開催期間 2010-12-16 - 2010-12-17 
開催地(和) 東京大学 先端科学技術研究センター 
開催地(英) RCAST, Univ. of Tokyo 
テーマ(和) 学生・若手研究会 
テーマ(英) Workshop for Graduate Student and Young Researchers 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICD 
会議コード 2010-12-ICD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) CMOS R-2Rラダー回路のチャネル幅調整による線形性最適化に関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on CMOS R-2R Ladder for Linearity Optimization by Adjust Channel Width 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 集積回路 / mix-ed signal  
キーワード(2)(和/英) デジアナ混載 / digital to analog converter  
キーワード(3)(和/英) D/Aコンバータ / R-2R ladder  
キーワード(4)(和/英) R-2Rラダー / linear optimization  
キーワード(5)(和/英) 線形性最適化 /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 雄大 / Yuta Kato / カトウ ユウタ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 範 公可 / Cong-Kha Pham /
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-12-16 15:10:00 
発表時間 120 
申込先研究会 ICD 
資料番号 IEICE-ICD2010-105 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.344 
ページ範囲 pp.59-63 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-ICD-2010-12-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会