電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-12-16 09:00
人の動作のぎこちなさ特徴の尺度化
山岡信介眞鍋佳嗣浦西友樹池田 聖千原國宏奈良先端大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 人間の動作における特徴量の1つであるぎこちなさは,行う動作に対してなれていない場合や体調,心理状態によって現れる.ぎこちなさを定量的に評価できれば,乗り物の運転や運動などの動作についてより効率よく教示を行うことができると考えられる.提案手法では,ぎこちなさの定量化を目的として,まず一対比較法を用いて基準となる動作のぎこちなさの順列を求める.次に,動作を順序づけている特徴量を抽出し,ぎこちなさを表す尺度を作る.そして,得られた尺度をもとに動作のぎこちなさの定量化を試みる.本手法では,一対比較法としてサーストンの比較判断法則を用い,動作データからぎこちなさ特徴を抽出する手法として主成分分析を用いた.しかし,主成分分析ではぎこちなさ特徴を正しく抽出できておらず,真値と大きく異なる結果であった.今後,動作データからの特徴抽出手法として非線形性を考慮できる手法を用いる必要がある. 
(英) Awkwardness is one of the amount of characteristics in human's motion. The Awkwardness appears by the proficiency, the physical condition and the psychological condition. It is possible to teach motions to a student more efficiently by quantitatively evaluating awkwardness. Our purpose is the quantification of awkwardness. The first step, we obtain the standard evaluation of motion by using the paired comparison test. The second step, we extract the feature of motion and construct the scale of awkwardness. The final step, using the scale of awkwardness, we quantify the awkwardness of motion. In this paper, we used Thurstone's comparison method as pair comparison test and principal component analysis as extracting the awkwardness feature. However, the awkwardness feature was not able to be extracted by the principal component analysis correctly, and a result greatly different from a true value. It will be necessary to use the technique that can consider the nonlinearity as a feature extraction technique from the motion data in the future.
キーワード (和) モーションキャプチャ / 一対比較法 / 特徴抽出 / ぎこちなさ / / / /  
(英) Motion Capture / Pair comparison test / Feature extraction / Awkwardness / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 HCGSYMPO  
開催期間 2010-12-15 - 2010-12-17 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagai resort 
テーマ(和) HCGシンポジウム2010 
テーマ(英) HCG Symposium 2010 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCGSYMPO 
会議コード 2010-12-HCGSYMPO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 人の動作のぎこちなさ特徴の尺度化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Scaling Feature of Awkwardness in Human Motion 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) モーションキャプチャ / Motion Capture  
キーワード(2)(和/英) 一対比較法 / Pair comparison test  
キーワード(3)(和/英) 特徴抽出 / Feature extraction  
キーワード(4)(和/英) ぎこちなさ / Awkwardness  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山岡 信介 / Shinsuke Yamaoka / ヤマオカ シンスケ
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 眞鍋 佳嗣 / Yoshitsugu Manabe / マナベ ヨシツグ
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 浦西 友樹 / Yuki Uranishi / ウラニシ ユキ
第3著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 池田 聖 / Sei Ikeda / イケダ セイ
第4著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 千原 國宏 / Kunihiro Chihara /
第5著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-12-16 09:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 HCGSYMPO 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会