電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-12-16 14:15
高齢者と若年者におけるウェブ探索行動の違いに関する検討
渡辺昌洋橋本 遼米村俊一浅野陽子NTT
抄録 (和) 高齢者にやさしいウェブデザインを明らかにするために,高齢者と若年者におけるウェブ探索行動の違いを調べた.高齢者の認知特性に配慮したウェブデザインとしてブックメタファを用意し,一般のブラウザでのウェブ探索行動とどのように違うかを調べた.ウェブサイトをブックメタファで表現し,高齢者11名,若年者10名に情報探索課題を与えて比較した.その結果,課題達成率と課題達成時間には差が無かった.1ページあたりの閲覧時間を比較すると,ブラウザを使用した際よりもメタファを使用した際に閲覧時間が短くなった.主観評価では,高齢者の方がメタファを支持する割合が高かった.メタファによって高齢者のワーキングメモリの負担を軽くできたことを示唆している. 
(英) In order to investigate Web design suitable for senior users, we compared Web searching behaviors between senior and young users. We assumed that one of the good Web design for senior users is using metaphor. By using a book metaphor of Web content, we compared Web searching behaviors between metaphor condition and ordinary browser condition. Eleven senior users and ten young users participated in this experiment. There were no significant differences in success rates and the performing time period between senior and young users. The numbers of senior users prefer the metaphor condition were more than these of young users. These results imply that metaphor condition affects on the old users’ cognitive issues for example working memory.
キーワード (和) 高齢者 / ウェブ / メタファ / 認知特性 / ワーキングメモリ / / /  
(英) senior users / Web / metaphor / cognitive issue / working memory / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HCGSYMPO  
開催期間 2010-12-15 - 2010-12-17 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagai resort 
テーマ(和) HCGシンポジウム2010 
テーマ(英) HCG Symposium 2010 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCGSYMPO 
会議コード 2010-12-HCGSYMPO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高齢者と若年者におけるウェブ探索行動の違いに関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on difference of Web searching behaviors between senior and young users. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 高齢者 / senior users  
キーワード(2)(和/英) ウェブ / Web  
キーワード(3)(和/英) メタファ / metaphor  
キーワード(4)(和/英) 認知特性 / cognitive issue  
キーワード(5)(和/英) ワーキングメモリ / working memory  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 昌洋 / Masahiro Watanabe / ワタナベ マサヒロ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corp. (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 遼 / Ryo Hashimoto / ハシモト リョウ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corp. (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 米村 俊一 / Shunichi Yonemura / ヨネムラ シュンイチ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corp. (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 浅野 陽子 / Yoko Asano / アサノ ヨウコ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corp. (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-12-16 14:15:00 
発表時間 30 
申込先研究会 HCGSYMPO 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会