電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-12-15 09:00
The Validity Problem of Positive XPath Queries in the Presence of DTDs
Kenji HashimotoNAIST)・Yasunori IshiharaToru FujiwaraOsaka Univ.SS2010-47
抄録 (和) 本稿では,DTDが存在するときの,否定を含まないXPath(Positive XPath)クエリの恒真性判定問題について議論する.XPathクエリ$q$とDTD $D$が与えられたとき,$D$に従うすべてのXML文書$T$について$T$における$q$の解が空ではないとき,$q$は$D$のもとで恒真であるという.恒真性判定問題は,充足可能性や包含性判定問題と同様に,問合せの基本的な静的解析問題のひとつであり,問合せ最適化やデータ交換に有用である.本稿では,まず子軸,子孫軸と述語のみが許されたPositive XPathクエリの恒真性判定が多項式時間で解けることを示す.そして,さらにいくつかの演算子を許すと恒真性の判定が手に負えなくなることを示す. 
(英) We discuss the validity problem for positive XPath queries in the presence of DTDs. A given query $p$ is valid under a DTD $D$ if, for every XML document $T$ conforming to $D$, the answer to $p$ on $T$ is nonempty. The validity problem is one of the basic static analyses of queries, as well as the satisfiability and the containment problems, and useful for query optimization and data exchange. In this report, we first show that the validity for the XPath queries with only child and descendant-or-self axes and qualifier under any DTDs is in PTIME. Then, we show that adding some operators to the tractable class of XPath causes intractability.
キーワード (和) XML / XPath / DTD / 恒真性 / / / /  
(英) XML / XPath / DTD / validity / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 336, SS2010-47, pp. 49-54, 2010年12月.
資料番号 SS2010-47 
発行日 2010-12-07 (SS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SS2010-47

研究会情報
研究会 SS  
開催期間 2010-12-14 - 2010-12-15 
開催地(和) 伊香保温泉 ホテル天坊 
開催地(英) Ikaho-Onsen Hotel Tenbo 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SS 
会議コード 2010-12-SS 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The Validity Problem of Positive XPath Queries in the Presence of DTDs 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) XML / XML  
キーワード(2)(和/英) XPath / XPath  
キーワード(3)(和/英) DTD / DTD  
キーワード(4)(和/英) 恒真性 / validity  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 健二 / Kenji Hashimoto / ハシモト ケンジ
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石原 靖哲 / Yasunori Ishihara / イシハラ ヤスノリ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤原 融 / Toru Fujiwara / フジワラ トオル
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-12-15 09:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 SS 
資料番号 IEICE-SS2010-47 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.336 
ページ範囲 pp.49-54 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SS-2010-12-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会