電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-12-13 11:00
全結合確率ネットワーク表現によるディレイ・ロック・ループの解析
永田啓介藤坂尚登神尾武司生岩量久広島市大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) J + 1 ユーザの同時通信を想定したDS/CDMA において,遅延ロックループ(DLL)のモデルとして2^{J+1}サイトからなる確率ネットワークモデルを構成した.このネットワークモデルに平均場理論を適用することで,解析の簡単化を図り,DLL の定常同期追従誤差特性を推定した.結果として,この手法による推定は,従来解析である線形解析よりも高精度であり,経路積分解析よりも計算量の削減が行えた.また推定に用いた状態分布の時間発展を記述する方程式の線形化により,追従動作の過渡特性も解析した. 
(英) In this paper, we build a probabilistic 2J+1-site network which is a model of a delay-locked loop (DLL) in a CDMA communications of J + 1 users. We then estimate steady phase tracking error of DLL by applying the mean field theory to the network model. The estimation was more accurate than conventional linear approximation analysis and lower in computation complexity than path integral analysis. Moreover we analyze transient response of the tracking of DLL by using a linearized equation of moments.
キーワード (和) DS/CDMA / 拡散符号 / 遅延ロックループ / 確率ネットワーク / 平均場理論 / 定常状態 / 過渡応答 /  
(英) DS/CDMA / spreading sequences / delay-locked loop / probabilistic network / mean field theory / steady state / transient responsce /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 335, NLP2010-115, pp. 21-26, 2010年12月.
資料番号 NLP2010-115 
発行日 2010-12-06 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2010-12-13 - 2010-12-13 
開催地(和) 米子コンベンションセンター 
開催地(英) Yonago Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2010-12-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 全結合確率ネットワーク表現によるディレイ・ロック・ループの解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An All-Coupled Probabilistic Network Model of Delay-Locked Loops 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) DS/CDMA / DS/CDMA  
キーワード(2)(和/英) 拡散符号 / spreading sequences  
キーワード(3)(和/英) 遅延ロックループ / delay-locked loop  
キーワード(4)(和/英) 確率ネットワーク / probabilistic network  
キーワード(5)(和/英) 平均場理論 / mean field theory  
キーワード(6)(和/英) 定常状態 / steady state  
キーワード(7)(和/英) 過渡応答 / transient responsce  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 永田 啓介 / Keisuke Nagata / ナガタ ケイスケ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤坂 尚登 / Hisato Fujisaka / フジサカ ヒサト
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 神尾 武司 / Takeshi Kamio / カミオ タケシ
第3著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 生岩 量久 / Kazuhisa Haeiwa / ハエイワ カズヒサ
第4著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-12-13 11:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2010-115 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.335 
ページ範囲 pp.21-26 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2010-12-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会