電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-12-10 13:20
マイクロホンのペア分散配置によるブラインド音源分離とポストフィルタによる性能向上の検討
小野拓磨伊藤信貴宮部滋樹小野順貴嵯峨山茂樹東大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究では、分散型マイクロホンアレーを用いた高品質な音源分離を目的として、マイクロホンの配置法と分離手法について論じる。分散型マイクロホンアレーとは、分散配置された複数の録音機器をマイクロホンアレーとして用いる枠組みであり、空間的に広い範囲に適用可能であること、ハードウェア構成が簡便であること、素子数の増加が容易なこと、といった利点を持つ。一方、録音信号が時間的に非同期であり、録音機器の位置情報が通常未知であるといった難しさも存在する。本稿では、独立成分分析に基づくブラインド音源分離を前提に、1)チャネル間の相互相関に基づく時間同期化、2)マイクロホンペアの分散配置による効率的なパーミュテーション解法、3)拡散性雑音の無相関性に基づくポストフィルタ設計法、について議論し、合わせて実環境実験による検証結果を報告する。 
(英) In this paper, we discuss microphone location and the separation method using frequency-domain independent component analysis aiming to high-performance source separation with distributed microphone arrays. In the distributed microphone array framework, which has the advantages of
its abilities to separate wide-spread sources, simplify hardware configurations and make it easy to increase devices, we discuss 1)the time alignment of each channel using cross correlation, 2)permutation correction with distributed microphone pairs and 3)designing of post-filter based on the uncorrelatedness of diffuse noises. The experimental results in real reverberant environment are also shown.
キーワード (和) ブラインド音源分離 / 独立成分分析 / 分散型マイクロホンアレー / ポストフィルタ / / / /  
(英) blind source separation / independent component analysis / distributed microphone array / post-filter / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 331, EA2010-101, pp. 25-30, 2010年12月.
資料番号 EA2010-101 
発行日 2010-12-03 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2010-12-10 - 2010-12-10 
開催地(和) 筑波大学 
開催地(英) Univ. of Tsukuba 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2010-12-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マイクロホンのペア分散配置によるブラインド音源分離とポストフィルタによる性能向上の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Blind source separation with distributed microphone pairs and investigation of performance gain using post-filter 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ブラインド音源分離 / blind source separation  
キーワード(2)(和/英) 独立成分分析 / independent component analysis  
キーワード(3)(和/英) 分散型マイクロホンアレー / distributed microphone array  
キーワード(4)(和/英) ポストフィルタ / post-filter  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野 拓磨 / Takuma Ono / オノ タクマ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Tokyo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 信貴 / Nobutaka Ito / イトウ ノブタカ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Tokyo Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮部 滋樹 / Shigeki Miyabe / ミヤベ シゲキ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Tokyo Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野 順貴 / Nobutaka Ono / オノ ノブタカ
第4著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Tokyo Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 嵯峨山 茂樹 / Shigeki Sagayama / サガヤマ シゲキ
第5著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Tokyo Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-12-10 13:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2010-101 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.331 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2010-12-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会