お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-12-03 10:50
高精度な歩行者認識を実現するための歩行者検出と追跡処理の統合に関する検討
菅野裕揮宮本龍介奈良先端大SIS2010-50
抄録 (和) 近年,車載カメラを用いた歩行者との衝突回避や監視カメラでの
侵入者検知などを目的として,歩行者認識に関する研究が
盛んに行われている.
一般的に歩行者認識は検出処理と追跡処理の2つの処理から構成されており,
これまで様々な手法が提案されてきた.
認識精度の向上のためには,個々の処理の高精度化は必須であり,
多くの研究がなされているが,
これら 2つの処理の組み合わせ方も認識精度に大きく影響する.
しかしながら,検出処理と追跡処理の統合は
歩行者認識の実用化のためには必須の技術であるにも関わらず,
これについて議論している既存研究はほとんどない.
そこで本研究では CoHOG を用いた歩行者検出手法と
パーティクルフィルタを用いた歩行者追跡手法の統合について検討する. 
(英) Accurate pedestrian recognition is required in collision
avoidance of automotive applications and intruder detection systems.
Generally, pedestrian recognition is performed by combining
detection and tracking.
The combination of different two procedures makes it possible
to recognize occluded pedestrians and multiple pedestrians.
In this paper, we have proposed a novel pedestrian recognition
scheme combining CoHOG-based detection and HSV-based tracking
using the particle filter. In the proposed scheme, dense proposal
distribution required for tracking based on the particle filter
is generated by convoluting likelihood obtained from CoHOG-based
detection with Gaussian kernel.
キーワード (和) 歩行者認識 / CoHOG による歩行者検出 / パーティクルフィルタ / / / / /  
(英) Pedestrian Recognition / CoHOG / Particle Filter / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 322, SIS2010-50, pp. 89-94, 2010年12月.
資料番号 SIS2010-50 
発行日 2010-11-25 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIS2010-50

研究会情報
研究会 SIS  
開催期間 2010-12-02 - 2010-12-03 
開催地(和) 奈良県文化会館 
開催地(英)  
テーマ(和) システムオンシリコン,RFID技術,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2010-12-SIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高精度な歩行者認識を実現するための歩行者検出と追跡処理の統合に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) How should we combine detection and tracking to achieve accurate pedestrian recognition? 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 歩行者認識 / Pedestrian Recognition  
キーワード(2)(和/英) CoHOG による歩行者検出 / CoHOG  
キーワード(3)(和/英) パーティクルフィルタ / Particle Filter  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅野 裕揮 / Hiroki Sugano / スガノ ヒロキ
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮本 龍介 / Ryusuke Miyamoto / ミヤモト リュウスケ
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-12-03 10:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2010-50 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.322 
ページ範囲 pp.89-94 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIS-2010-11-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会