お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-12-03 11:10
方向性分散に基づく文章画像のインパルス性雑音除去
松岡丈平田中 豪末竹規哲山口大)・内野英治山口大/ファジィシステム研SIS2010-51
抄録 (和) 本報告ではランダム値インパルス性雑音により劣化したモノクロの文章画像の復元を扱う.一般的に,インパルス性雑音の除去にはスイッチ型のフィルタ処理が有効であることが知られている.また,文章画像は,自然画像に比べると,その多くが直線や曲線で構成されているため,方向性を考慮した処理を行う方が望ましいと考えられる.提案手法では,スイッチ型雑音除去法の代表であるスイッチングメジアンフィルタを基盤とし,方向性を考慮した方向性パターンと局所分散による動的しきい値を用いた雑音検出器を備えた新たな雑音除去法を提案する.実験を通して,提案手法の有効性を示す. 
(英) In this report, random-valued impulse noise removal for monochrome text images is considered. Switching filtering is generally useful for impulse noise removal. Additionally, it can be considered that directional processing is suitable for text images because these consist of lines and curves. In this report, a novel switching median filter which uses directional processing and dynamic threshold in noise detection is proposed. The effectiveness of the proposed method is verified through experiments.
キーワード (和) インパルス性雑音 / 雑音検出 / 文章画像 / 方向性パターン / スイッチングフィルタ / メジアンフィルタ / /  
(英) Impulse noise / Noise detection / Text image / Directional pattern / Switching filter / Median filter / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 322, SIS2010-51, pp. 95-100, 2010年12月.
資料番号 SIS2010-51 
発行日 2010-11-25 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIS2010-51

研究会情報
研究会 SIS  
開催期間 2010-12-02 - 2010-12-03 
開催地(和) 奈良県文化会館 
開催地(英)  
テーマ(和) システムオンシリコン,RFID技術,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2010-12-SIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 方向性分散に基づく文章画像のインパルス性雑音除去 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Impulse Noise Removal Based on Directional Variance for Text Images 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) インパルス性雑音 / Impulse noise  
キーワード(2)(和/英) 雑音検出 / Noise detection  
キーワード(3)(和/英) 文章画像 / Text image  
キーワード(4)(和/英) 方向性パターン / Directional pattern  
キーワード(5)(和/英) スイッチングフィルタ / Switching filter  
キーワード(6)(和/英) メジアンフィルタ / Median filter  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松岡 丈平 / Jyohei Matsuoka / マツオカ ジョウヘイ
第1著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 豪 / Go Tanaka / タナカ ゴウ
第2著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 末竹 規哲 / Noriaki Suetake / スエタケ ノリアキ
第3著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 内野 英治 / Eiji Uchino / ウチノ エイジ
第4著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大/ファジィシステム研)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-12-03 11:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2010-51 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.322 
ページ範囲 pp.95-100 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIS-2010-11-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会