お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-12-02 10:45
色彩環境が作業能率に及ぼす影響に関する検討
水野谷悌子久保俊平・○田口 亮東京都市大SIS2010-37
抄録 (和) 近年、住空間のカラーコーディネートに関して種々の提案がなされ、それに伴いインテリアカラーやオフィスのパーティション、壁紙などの色数も増加してきている。すなわち、壁紙等で作られる住空間における色彩環境は、快適な生活空間か否かを決定づける一要素となっている。何らかの作業を室内で行い場合も、その作業能率は、種々の環境要素(広さ、温度、湿度、壁や天井の色・模様・・・)に依存することは言うまでもない。本稿では、色彩環境が作業能率へ及ぼす影響を実験的に明らかにする。作業としては、職業適性検査で有名な「内田クレぺリンテスト」を簡易化したものを採用した。内田クレぺリンテストの解答作業を行う机の色彩環境(色相)を変化させることで、色相変化の作業への影響をテスト成績を基に定量化する。色相としては赤、黄、緑、青緑(シアン)、青、紫(マゼンタ)の6色とした。20代4名に対する内田クレぺリンテスト成績の分散分析(有意水準5%)の結果、「紫」が作業能率を高め、「黄」が作業能率を下げることが分かった。 
(英) In recent years, various proposals are performed for the color coordination of the living space, then the number of colors such as interior color, partitions of the office space and wallpapers increases. That is, the color environment in houses made from wallpaper, etc, has become a factor in determining whether a comfortable living space. If you can do some work indoors, its operating efficiency is depend on various environment factors (space size, temperature, humidity, the color pattern of the wall or ceiling). In this paper, we show the effect of color environment to operating efficiency. Uchida-Kraepelin psychodiagnostic test is adopted as work. The answer the Uchida-Kraepelin psychodiagnostic tests in change the color of desk. We use six colors, red, yellow, green, cyan, blue and magenta. From the results of four men 20s, “magenta” improves the operating efficiency and “yellow” lowers the operating efficiency.
キーワード (和) 色彩環境 / 色相 / 作業能率 / 内田クレぺリン検査 / / / /  
(英) color environment / hue / operating efficiency / Uchida-Kraepelin psychodiagnostic test / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 322, SIS2010-37, pp. 13-16, 2010年12月.
資料番号 SIS2010-37 
発行日 2010-11-25 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIS2010-37

研究会情報
研究会 SIS  
開催期間 2010-12-02 - 2010-12-03 
開催地(和) 奈良県文化会館 
開催地(英)  
テーマ(和) システムオンシリコン,RFID技術,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2010-12-SIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 色彩環境が作業能率に及ぼす影響に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on the effect of color environment on operating efficiency 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 色彩環境 / color environment  
キーワード(2)(和/英) 色相 / hue  
キーワード(3)(和/英) 作業能率 / operating efficiency  
キーワード(4)(和/英) 内田クレぺリン検査 / Uchida-Kraepelin psychodiagnostic test  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 水野谷 悌子 / Teiko Mizunoya / ミズノヤ テイコ
第1著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保 俊平 / Syunpei Kubo / クボ シュンペイ
第2著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田口 亮 / Akira Taguchi /
第3著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-12-02 10:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2010-37 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.322 
ページ範囲 pp.13-16 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-SIS-2010-11-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会