お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-11-26 14:25
小型衛星構体内UWB電波伝搬および伝送スループットの実測と評価
市川達也松原明久東京電機大)・冨木淳史戸田知朗JAXA)・小林岳彦東京電機大SANE2010-120
抄録 (和) 衛星構体内部という閉鎖環境で多くの障害物を含む伝搬環境において無線システムを使用するために,超広帯域無線技術(UWB)を用いることを提案してきた.UWBは,比帯域幅20%以上取ることで,多重波フェージングを克服することができることから,狭帯域伝送に比べ衛星構体内で有利と考えられる.衛星サブシステム間のデータ通信を無線化することにより,レイアウト自由度の拡大や信号ケーブル質量の軽減と超高速バス接続を実現できる.UWBを衛星構体内へ適用するため小型科学衛星の機械環境試験モデルを用いてUWBモノポールアンテナとベクトルネットワークアナライザにより,3.1~10.6 GHzの周波数応答からパス利得の空間分布,遅延プロファイル,遅延スプレッドを測定した.また、市販のUWBデバイスを使用して伝送スループットの空間分布を測定した。今回はより実際の利用を考え,新たにUWB送受アンテナの偏波特性の組み合わせが電波伝搬および伝送特性へ与える影響について評価した.衛星構体内ではこれら偏波依存性はとても小さく、回線設計の簡略化およびレイアウト自由度には影響のないことが確認できたので報告する. 
(英) The replacement of wired data buses among space-borne subsystems with wireless connections enhances onboard component layouts, reduces a connecting cable mass, and enables higher-speed data bus connections. We have proposed to apply Ultra Wideband (UWB) technologies to a spacecraft inner closed space filled with bus and science instruments. While narrowband resulted in a number of dead spots (deep fading points) within the conductive enclosures like inside of spacecraft, UWB yielded none. This implies the UWB systems have an advantage over narrowband ones from a viewpoint of reducing fading margins. We measured spatial distributions of UWB and narrowband propagation in frequency (from 3.1 to 10.6 GHz) and time domains with a mockup of REIMEI satellite, UWB monopole antennas, and a microwave vector network analyzer. We also investigated spatial distributions of data throughputs inside REIMEI using commercially available UWB devices. The influences of polarization of UWB antennas on the above propagation and throughputs characteristics have also been evaluated for this report. They are so small and limited that the polarization is not a factor needing careful wireless link designs and layout considerations.
キーワード (和) UWB / 小型衛星 / 電波伝搬 / ハーネスレス / / / /  
(英) Ultra wideband / small Spacecraft / Propagation / Harnessless / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 308, SANE2010-120, pp. 19-24, 2010年11月.
資料番号 SANE2010-120 
発行日 2010-11-19 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SANE2010-120

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2010-11-26 - 2010-11-26 
開催地(和) JAXA相模原キャンパス 
開催地(英) JAXA Sagamihara campus 
テーマ(和) 宇宙科学ミッション・衛星技術,及び一般 
テーマ(英) Astronautical mission, satellite technology, and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2010-11-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 小型衛星構体内UWB電波伝搬および伝送スループットの実測と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Measurements and characterization of ultra wideband radio propagation channels and transmission thoroughputs within small Spacecrafts 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) UWB / Ultra wideband  
キーワード(2)(和/英) 小型衛星 / small Spacecraft  
キーワード(3)(和/英) 電波伝搬 / Propagation  
キーワード(4)(和/英) ハーネスレス / Harnessless  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 市川 達也 / Tatsuya Ichikawa / イチカワ タツヤ
第1著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: TDU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松原 明久 / Akihisa Matsubara / マツバラ アキヒサ
第2著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: TDU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 冨木 淳史 / Atsushi Tomiki / トミキ アツシ
第3著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency, Institute of Space and Astronautical Science (略称: JAXA)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸田 知朗 / Tomoaki Toda / トダ トモアキ
第4著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency, Institute of Space and Astronautical Science (略称: JAXA)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 岳彦 / Takehiko Kobayashi / コバヤシ タケヒコ
第5著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: TDU)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-11-26 14:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2010-120 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.308 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SANE-2010-11-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会