電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-11-20 11:15
Proxy Mobile IPv6におけるMAG-Orientedストリーミングアーキテクチャの実現
内田陽豪松園和久朝枝 仁慶大MoMuC2010-55
抄録 (和) 近年のWiMAXや3Gなどの高速無線通信技術の普及,携帯電話やラップトップPCなどのモバイル端末の高性能化などにより,モバイル端末向けIPTVサービスや高品質ストリーミングサービスに対する要求が増してきた.
更に,既存のモバイル端末に移動支援を提供するプロトコルとして,標準化団体のIETFによりProxy Mobile IPv6 (PMIPv6)が標準化された.
しかし、現在のPMIPv6の通信モデルでは,インターネットなどの外部ネットワークからPMIPv6ドメイン内のモバイル端末のアンカーポイントであるLocal Mobility Anchor (LMA)を経由してモバイル端末へと通信経路が形成される.このため,多数のモバイル端末が高品質リアルタイムストリーミングコンテンツを受信するPMIPv6環境では,LMAに集中的な高負荷がかかるだけでなく,LMAと接続されたMobile Access Gateway (MAG)へのトラヒック過多も生じ,その結果,各モバイル端末への通信品質の低下につながる.
本研究では通信経路がLMAを通る経路を必要に応じて回避し,さらにMAGがリアルタイムストリーミングを複数のモバイル端末に対する代理受信を行い,受信者に対する高品質なリアルタイムストリーミングを実現する手法の提案とその評価を行う. 
(英) Due to the dissemination of wireless mobile technologies and high-spec cellphone and lap top PC, the demand for mobile IPTV services and high quality streaming services for mobile users. In addition, the IETF standards body has provided the specification of Proxy Mobile IPv6 (PMIPv6) by which regular mobile nodes create seamless mobile communications without node modification.
On the other hand, the current PMIPv6 specification requires establishing routing paths through Local Mobility Anchor (LMA) for communications between the Internet servers and all mobile nodes in a PMIPv6 domain. Especially for high quality real-time streaming, this condition leads high CPU load at LMA, traffic concentration between LMA and Mobile Access Gateway (MAG), and then streaming quality degradation at each mobile node.
In this paper, we propose the method to create paths that do not depend on LMA (if appropriate) and make MAG proxy receiving real-time streaming contents and forwarding to mobile nodes in order to provide high quality real-time streaming to mobile nodes. We finally conclude this study with the evaluation of the proposed method by simulation.
キーワード (和) PMIPv6 / リアルタイムストリーミング / / / / / /  
(英) PMIPv6 / Real-time streaming / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, 2010年11月.
資料番号  
発行日 2010-11-11 (MoMuC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MoMuC2010-55

研究会情報
研究会 IN MoNA  
開催期間 2010-11-18 - 2010-11-20 
開催地(和) 福岡工業大学 
開催地(英) Fukuoka Institute of Technology 
テーマ(和) ホームネットワーク、ユビキタスネットワーク、クラウドコンピューティング、コンテキストアウェア、位置情報サービス、eコマースおよび一般 
テーマ(英) Home network, Ubiquitous network, Cloud computing, Context awareness, Location information service, e-commerce, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2010-11-IN-MoMuC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Proxy Mobile IPv6におけるMAG-Orientedストリーミングアーキテクチャの実現 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Realization of MAG-Oriented Streaming Architecture in Proxy Mobile IPv6 Environment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) PMIPv6 / PMIPv6  
キーワード(2)(和/英) リアルタイムストリーミング / Real-time streaming  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 内田 陽豪 / Yogo Uchida / ウチダ ヨウゴウ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松園 和久 / Kazuhisa Matsuzono / マツゾノ カズヒサ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 朝枝 仁 / Hitoshi Asaeda / アサエダ ヒトシ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-11-20 11:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 IEICE-MoMuC2010-55 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.290 
ページ範囲 pp.91-96 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MoMuC-2010-11-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会