お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-11-19 13:00
トランペット奏者の声道の音響的役割について
鏑木時彦山田直幸九大SP2010-83
抄録 (和) 声帯の振動に基づいた人の発声機構とリードの振動に基づいた管楽器の発音機構とは、弾性を有する構造 体と呼気流の相互作用によって音源波が生成される点で共通性がある。また、これらの発音機構の下流側では、人の 声道に楽器本体が対応しており、上流側では、気管や肺などの声門下部に、管楽器演奏者の声道や声門下部 (演奏者の 空気柱) が対応している。管楽器の演奏者は、吹奏音の高さに合わせて声道の形状を調整することが知られている。こ れは、演奏者の空気柱がリード部の発音機構に影響する可能性 (音源-フィルタ相互作用) を示唆している。本論では、 トランペット奏者の声道形状、声道音響特性や、時間領域での吹奏シミュレーションにより、管楽器における音響相 互作用の可能性を調べた結果について述べる。 
(英) Brass instruments are blowed by vibrating the lips of the player just as the sound source of voice is produced by vibrating the vocal folds. It is empirically known that skilled players of brass instruments adjust the shape of the vocal tract depending on the blowing pitch, suggesting that the acoustical feedback of the vocal tract has some influence on the sound generation mechanism of the lips. The source-filter interaction in performing the trumpet is investigated in this paper by using morphological observation and acoustical analysis of the player’s vocal tract and a time-domain blowing simulation.
キーワード (和) 金管楽器 / 声道形状 / 音源-フィルタ相互作用 / 吹奏シミュレーション / 最小吹奏圧 / / /  
(英) Brass instrument / Vocal-tract shape / Source-filter interaction / Blowing simulation / Minimum blowing pressure / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 297, SP2010-83, pp. 83-88, 2010年11月.
資料番号 SP2010-83 
発行日 2010-11-11 (SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SP2010-83

研究会情報
研究会 SP  
開催期間 2010-11-18 - 2010-11-19 
開催地(和) 愛知県立大学 
開催地(英) Aichi Prefectural Univ. 
テーマ(和) 合成,生成,韻律,音声一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2010-11-SP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) トランペット奏者の声道の音響的役割について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on the acoustical role of the vocal tract of trumpet player 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 金管楽器 / Brass instrument  
キーワード(2)(和/英) 声道形状 / Vocal-tract shape  
キーワード(3)(和/英) 音源-フィルタ相互作用 / Source-filter interaction  
キーワード(4)(和/英) 吹奏シミュレーション / Blowing simulation  
キーワード(5)(和/英) 最小吹奏圧 / Minimum blowing pressure  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鏑木 時彦 / Tokihiko Kaburagi / カブラギ トキヒコ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 直幸 / Naoyuki Yamada / ヤマダ ナオユキ
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-11-19 13:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-SP2010-83 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.297 
ページ範囲 pp.83-88 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SP-2010-11-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会