お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-11-19 16:35
会議支援システムにおけるプッシュ配信を用いた非公開資料の保護について
鈴木亮詞加藤健太清水 堅白松 俊大囿忠親新谷虎松名工大AI2010-43
抄録 (和) 本研究では,スレート型端末を用いた会議支援システムとして,会議資料配付・閲覧システムを実装した.本論文では,会議支援システムにおけるプッシュ配信の有効性について議論する.本システムの実現において外部非公開の資料の再配布を防ぐような配布方法の実現が課題であった.本システムでは,プッシュ配信を用いて資料を資料閲覧端末にすることで本課題を克服した.また,プッシュ配信により複数端末間のポインタを同期することも可能である 
(英) We implemented a meeting document distribution and browsing system using slate type devices. In this paper, we discuss the effectiveness of push delivery on our meeting support system. The challenge addressed is the distribution method to prevent redistribution of private and sensitive data. Distributing documents using push delivery solves the problem. It is also possible to synchronize the pointers between two or more devices using push delivery.
キーワード (和) 会議支援 / スレート型端末 / プッシュ配信 / / / / /  
(英) Meeting support / Slate type devices / Push delivery / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 301, AI2010-43, pp. 73-78, 2010年11月.
資料番号 AI2010-43 
発行日 2010-11-12 (AI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AI2010-43

研究会情報
研究会 AI  
開催期間 2010-11-19 - 2010-11-19 
開催地(和) 九州大学 
開催地(英) Kyushu Univ. 
テーマ(和) 「コミュニティ上での知識の共有・再利用」および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AI 
会議コード 2010-11-AI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 会議支援システムにおけるプッシュ配信を用いた非公開資料の保護について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On Protecting Closed Document using Push Delivery on a Meeting Support System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 会議支援 / Meeting support  
キーワード(2)(和/英) スレート型端末 / Slate type devices  
キーワード(3)(和/英) プッシュ配信 / Push delivery  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 亮詞 / Ryoji Suzuki / スズキ リョウジ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学大学院 (略称: 名工大)
Graduate School of Engineering Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 健太 / Kenta Kato / カトウ ケンタ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学大学院 (略称: 名工大)
Graduate School of Engineering Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 堅 / Ken Shimizu / シミズ ケン
第3著者 所属(和/英) 名古屋工業大学大学院 (略称: 名工大)
Graduate School of Engineering Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 白松 俊 / Shun Shiramatsu / シラマツ シュン
第4著者 所属(和/英) 名古屋工業大学大学院 (略称: 名工大)
Graduate School of Engineering Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 大囿 忠親 / Tadachika Ozono / オオゾノ タダチカ
第5著者 所属(和/英) 名古屋工業大学大学院 (略称: 名工大)
Graduate School of Engineering Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 新谷 虎松 / Toramatsu Shintani / シンタニ トラマツ
第6著者 所属(和/英) 名古屋工業大学大学院 (略称: 名工大)
Graduate School of Engineering Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-11-19 16:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AI 
資料番号 IEICE-AI2010-43 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.301 
ページ範囲 pp.73-78 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AI-2010-11-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会