電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-11-19 15:25
ブートストラップを活用したテスト工程におけるソフトウェア信頼性評価手法
藤原隆次ビジネスキューブ・アンド・パートナーズ)・木村光宏法政大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ソフトウェア開発の最終工程であるテスト段階において,テスト対象であるソフトウェア内に残存するフォールト数を推定するための数理的手法がこれまでに数多く開発されている.これらのうち,著者らが過去に提案したブートストラップ手法を適用したソフトウェア信頼性評価手法は,分析されるデータセットの性質によってはそのまま適用できない弱点をもっている.
そこで本研究では,これを克服する簡単な計算方法を提案した上で,実測データに基づいた信頼性評価の例を示す.また,既存の非同次ポアソン過程モデルによる信頼性評価結果を示し,本研究のブートストラップ法に基づくソフトウェア信頼性の予測およびその実績を比較しながら各モデルの特徴などについて考察する. 
(英) This paper develops a bootstrap software reliability assessment method which can evaluate the number of remaining software faults at the final stage of the software testing process. The bootstrap method for reliability assessment problems has been already developed in the literature. However the method has a weak point which affects the applicability to the data set to be analyzed. We propose a new calculation formula in order to overcome this weak point. After showing the reliability assessment method by the traditional NHPP (nonhomogeneous Poisson process) models, we compare the performance of software reliability prediction with the bootstrap-based method by using a real software fault data set.
キーワード (和) ソフトウェア信頼性 / 成長曲線モデル / ブートストラップ法 / 非同次ポアソン過程 / データ分析 / / /  
(英) Software Reliability / Growth curve model / Bootstrap method / Non-homogeneous Poisson process / Data analysys / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 298, R2010-35, pp. 15-20, 2010年11月.
資料番号 R2010-35 
発行日 2010-11-12 (R) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 R  
開催期間 2010-11-19 - 2010-11-19 
開催地(和) 中央電気倶楽部(大阪市) 
開催地(英)  
テーマ(和) 電子デバイスの信頼性,信頼性一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 R 
会議コード 2010-11-R 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ブートストラップを活用したテスト工程におけるソフトウェア信頼性評価手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Bootstrap Software Reliability Assessment Method in the Final Stage of Software Testing Process 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ソフトウェア信頼性 / Software Reliability  
キーワード(2)(和/英) 成長曲線モデル / Growth curve model  
キーワード(3)(和/英) ブートストラップ法 / Bootstrap method  
キーワード(4)(和/英) 非同次ポアソン過程 / Non-homogeneous Poisson process  
キーワード(5)(和/英) データ分析 / Data analysys  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤原 隆次 / Takaji Fujiwara / フジワラ タカジ
第1著者 所属(和/英) ビジネスキューブ・アンド・パートナーズ株式会社 (略称: ビジネスキューブ・アンド・パートナーズ)
Business Cube and Partners, Inc. (略称: Biz3)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 光宏 / Mitsuhiro Kimura / キムラ ミツヒロ
第2著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-11-19 15:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 R 
資料番号 IEICE-R2010-35 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.298 
ページ範囲 pp.15-20 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-R-2010-11-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会