電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-11-18 14:55
T-Tブリッジ除去によるUMLコミュニケーション図からUML状態機械図への変換手法について
長谷川泰央宮本俊幸阪大CAS2010-72 CST2010-45
抄録 (和) 情報システムを開発する際サービスと呼ばれるシステムの部品単位を組み合わせ,要求仕様を実現する方法論をサービス指向アーキテクチャ(SOA) と呼ぶ.本論文ではSOA に基づくシステム開発をサポートするための枠組みとしてコミュニケーション図からステートマシン図への変換アルゴリズムを提案する.その際に中間生成物であるペトリネットのT-T ブリッジ除去に注目する. 
(英) Service Oriented Architecture(SOA) is an architecture style to build up a information system composing a set of system components, each of which is called a service. In this paper, we propos a method to transform UML communication diagrams into UML state machine diagrams as a framework to develop systems based on SOA. The proposed method uses Petri nets as intermediate models, and generates a UML state machine diagram directly from a Petri net by deleting T-T bridges.
キーワード (和) サービス指向アーキテクチャ / UML / コミュニケーション図 / 状態機械 / ペトリネット / T-Tブリッジ / /  
(英) Service Oriented Archtecture / UML / communication diagram / state machine / Petri nets / T-T bridge / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, 2010年11月.
資料番号  
発行日 2010-11-11 (CAS, CST) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2010-72 CST2010-45

研究会情報
研究会 MSS CAS  
開催期間 2010-11-18 - 2010-11-19 
開催地(和) 関西大学 
開催地(英) Kansai Univ. 
テーマ(和) グラフ、ペトリネット、ニューラルネット及び一般 
テーマ(英) Graphs, Petri Nets, Neural Networks, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MSS 
会議コード 2010-11-CST-CAS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) T-Tブリッジ除去によるUMLコミュニケーション図からUML状態機械図への変換手法について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On Transforming UML Communication Diagrams to UML State Machine Diagrams by Deleting T-T Bridges 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) サービス指向アーキテクチャ / Service Oriented Archtecture  
キーワード(2)(和/英) UML / UML  
キーワード(3)(和/英) コミュニケーション図 / communication diagram  
キーワード(4)(和/英) 状態機械 / state machine  
キーワード(5)(和/英) ペトリネット / Petri nets  
キーワード(6)(和/英) T-Tブリッジ / T-T bridge  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 泰央 / Yasuwo Hasegawa / ハセガワ ヤスヲ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮本 俊幸 / Toshiyuki Miyamoto / ミヤモト トシユキ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-11-18 14:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MSS 
資料番号 IEICE-CAS2010-72,IEICE-CST2010-45 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.283(CAS), no.284(CST) 
ページ範囲 pp.41-46 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2010-11-11,IEICE-CST-2010-11-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会