電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-11-18 09:40
企業ユーザ向け帯域確保サービスの料金設計法
岡本 司三宅 功NTT)・矢守恭子朝日大/早大)・田中良明早大NS2010-90
抄録 (和) 近年IPネットワークにおいて台頭しつつある帯域確保サービスは,企業の業務向けの通信サービスとして期待が高い.企業ユーザの満足度の向上とサービス事業者の収益性の確保を両立させるサービス提供法を明確化することは重要な課題である.本稿では,通信サービスに対する企業ユーザの効用を通信帯域の関数で定まる支払意思額によって定義し,帯域確保サービスの料金とユーザ効用,及び事業者収入の関係を評価している.幾つかの数値評価により,料金を高めに設定してサービスを提供開始し,ユーザの帯域に対する要求条件が高くなるにつれて料金を下げる方策がユーザ効用と事業者の収益性の点で合理性があることを導いている. 
(英) Resource reservation services, which have been emerging recently in IP networks, are expected to be promising telecommunication services for corporate business use. Therefore, it is an important issue to clarify a service providing method both improving corporate users’ satisfaction and service provider’s profitability. This paper defines the function of corporate users’ utility by willingness to pay for their bandwidth, and it evaluates the relation among service price, users’ utility, and provider’s revenue. Some numerical results show a pricing strategy rational from the viewpoint of users’ utility and provider’s profitability that the services are provided initially by a high price and that the price is reduced as users’ requirement for their bandwidth rises.
キーワード (和) 効用 / 支払意思額 / WTP / 帯域確保サービス / ベストエフォートサービス / 非集計行動モデル / 料金 /  
(英) Utility / Willingness to pay / WTP / Resource reservation service / Best effort service / Disaggregate demand model / Pricing /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 286, NS2010-90, pp. 13-18, 2010年11月.
資料番号 NS2010-90 
発行日 2010-11-11 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2010-90

研究会情報
研究会 NS ICM CQ  
開催期間 2010-11-18 - 2010-11-19 
開催地(和) 京都大学 桂キャンパス 
開催地(英) Katsura Campus, Kyoto Univ. 
テーマ(和) ネットワーク品質、トラヒック計測、サービス品質、一般 
テーマ(英) Network Quality, Traffic Measurement, Quality of Service, General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2010-11-NS-ICM-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 企業ユーザ向け帯域確保サービスの料金設計法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Pricing Method of Resource Reservation Services for Corporate Users 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 効用 / Utility  
キーワード(2)(和/英) 支払意思額 / Willingness to pay  
キーワード(3)(和/英) WTP / WTP  
キーワード(4)(和/英) 帯域確保サービス / Resource reservation service  
キーワード(5)(和/英) ベストエフォートサービス / Best effort service  
キーワード(6)(和/英) 非集計行動モデル / Disaggregate demand model  
キーワード(7)(和/英) 料金 / Pricing  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 司 / Tsukasa Okamoto / オカモト ツカサ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話 (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 三宅 功 / Kou Miyake / ミヤケ コウ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話 (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 矢守 恭子 / Kyoko Yamori / ヤモリ キョウコ
第3著者 所属(和/英) 朝日大学 (略称: 朝日大/早大)
Asahi University (略称: Asahi Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 良明 / Yoshiaki Tanaka / タナカ ヨシアキ
第4著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-11-18 09:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2010-90 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.286 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2010-11-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会