電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-11-18 16:35
標準MPCPメッセージを用いた障害ONU特定法の提案
大石将之KDDI研)・小原一歩KDDI)・堀内幸夫KDDI研OCS2010-92
抄録 (和) 時分割多重アクセス方式を採用しているPONシステムでは,故障等により許可されたタイミング以外に光送出する障害ONUが発生した場合,システム全体の通信が不能となる.本稿では,IEEE標準のMPCPメッセージを用いてONUの正常動作を順次検査し,排他的に障害ONUを特定する手法を提案する.ONUを周期的に発光するように制御することで,正常光に対して妨害光パワーが18dB大きい場合でもONUの正常動作判定が可能なことを確認した. 
(英) Passive Optical Network (PON) systems based on the Time Division Multiple Access (TDMA) have been widely installed to economically provide optical access services. When a rogue ONU transmits upstream optical signals over its time slot by some failures, it prevents other ONUs from transmitting their upstream signals. In this paper, we propose and demonstrate the rogue ONU isolation method with Multi-Point Control Protocol (MPCP) messages standardized by IEEE802.3ah. We show that the rogue ONU can be isolated even when the optical power level of a disturbing light is larger by 18 dB than that of other normal ONUs by controlling ONUs to periodically emit light.
キーワード (和) PON / 障害ONU / MPCP / / / / /  
(英) PON / Rogue ONU / MPCP / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 291, OCS2010-92, pp. 17-21, 2010年11月.
資料番号 OCS2010-92 
発行日 2010-11-11 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OCS2010-92

研究会情報
研究会 ITE-BCT OCS OFT IEE-CMN  
開催期間 2010-11-18 - 2010-11-19 
開催地(和) SEI 生駒セミナーハウス 
開催地(英) SEI Ikoma Seminar House 
テーマ(和) 光アクセスシステム・次世代PON、地上・衛星放送システム、衛星通信システム、CATVシステム、イーサネット、伝送監視制御、光ファイバケーブル・コード、通信用光ファイバ、光線路保守監視・試験技術、光ファイバ測定技術、地上・衛星放送関連デバイス・機器・設備、家庭用受信デバイス・機器、ホーリーファイバ、機能性光ファイバ、光ファイバ線路構成部品、光回路部品、周波数有効利用技術、変復調技術、電磁界解析およびシミュレーション技術、無線・光伝送境界領域、光ケーブル布設技術、光ファイバ線路設計技術、光ファイバ線路構成部品信頼性、空間・可視光伝送、一般 
テーマ(英) Optical access system/next gen. PON/optical monitoring/optical fiber/wireless system/etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2010-11-BCT-OCS-OFT-CMN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 標準MPCPメッセージを用いた障害ONU特定法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal of a Rogue ONU Isolation Method with Standardized Multi-Point Control Protocol Messages 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) PON / PON  
キーワード(2)(和/英) 障害ONU / Rogue ONU  
キーワード(3)(和/英) MPCP / MPCP  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大石 将之 / Masayuki Oishi / オオイシ マサユキ
第1著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI Labs.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小原 一歩 / Kazuho Ohara / オハラ カズホ
第2著者 所属(和/英) KDDI株式会社 (略称: KDDI)
KDDI Corporation (略称: KDDI)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀内 幸夫 / Yukio Horiuchi / ホリウチ ユキオ
第3著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI Labs.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-11-18 16:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2010-92 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.291 
ページ範囲 pp.17-21 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-OCS-2010-11-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会