お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-11-15 10:45
叢生が認められる症例のための複数モダリティ歯列形状情報の統合手法
重枝 慧井村誠孝黒田嘉宏阪大)・鍵山善之山梨大)・大城 理東 寛子八木雅和高田健治阪大MI2010-69
抄録 (和) 歯科治療のための口腔内の状態把握には、形態については口腔模型が一般的に用いられ、歯根の形態およ
びその状態については、パノラマX 線画像が用いられてきた。しかし、口腔模型は歯冠部や歯肉の印象を採得して作成されるため歯根の形態情報を保有しておらず,パノラマX 線画像は仮想的に想定した歯列弓に沿った平面に歯列像を投影して得られるため、歯列の三次元情報を保有していないという問題があった。本研究では、三次元口腔形状における各歯に対し、対応する二次元パノラマX 線画像の歯根部を投影して両データを統合することを目的とする。本稿では、叢生が認められる一般的な症例にも適用可能にするために、投影に際し、口腔内画像から得られる歯列位置情報を用いて位置合わせを行なう手法を提案し、実験によりその有効性を示す。 
(英) These days, acquisition of 3-D volume data becomes popular in medical field. However, to obtain 3-D
data in dental field is still difficult. When dentists make diagnosis and medical treatments, they use 2-D data which are obtained with panoramic X-ray imaging and a dental model which is obtained from a dental impression. 2-D data do not have volumetric information and a dental cast model does not have information inside alveolar ridge. The authors propose the method to make registration between 2-D panoramic X-ray image and 3-D volume data for crowded dental arch.
キーワード (和) 叢生 / 歯列印象 / パノラマX 線画像 / 口腔内写真 / 位置合わせ / / /  
(英) Crowded Dental Arch / Dental Impression / Panoramic Radiograph / Intraoral Image / Registration / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 280, MI2010-69, pp. 17-22, 2010年11月.
資料番号 MI2010-69 
発行日 2010-11-08 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MI2010-69

研究会情報
研究会 MI  
開催期間 2010-11-15 - 2010-11-15 
開催地(和) 島津製作所 
開催地(英) Shimadzu Corp. 
テーマ(和) 医用画像一般 
テーマ(英) Medical Imaging 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2010-11-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 叢生が認められる症例のための複数モダリティ歯列形状情報の統合手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) 2D-3D Registration of Multimodal Images for Crowded Dental Arch 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 叢生 / Crowded Dental Arch  
キーワード(2)(和/英) 歯列印象 / Dental Impression  
キーワード(3)(和/英) パノラマX 線画像 / Panoramic Radiograph  
キーワード(4)(和/英) 口腔内写真 / Intraoral Image  
キーワード(5)(和/英) 位置合わせ / Registration  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 重枝 慧 / Ei Shigeeda / シゲエダ エイ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 井村 誠孝 / Masataka Imura / イムラ マサタカ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒田 嘉宏 / Yoshihiro Kuroda / クロダ ヨシヒロ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 鍵山 善之 / Yoshiyuki Kagiyama / カギヤマ ヨシユキ
第4著者 所属(和/英) 山梨大学大学院医学工学総合研究部 (略称: 山梨大)
Interdisciplinary Graduate School of Medicine and Engineering, Yamanashi University (略称: Yamanashi Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 大城 理 / Osamu Oshiro / オオシロ オサム
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 東 寛子 / Hiroko Azuma / アズマ ヒロコ
第6著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 八木 雅和 / Masakazu Yagi / ヤギ マサタカ
第7著者 所属(和/英) 大阪大学/大阪大学臨床医工学融合研究教育センタ (略称: 阪大)
Osaka University/The Center for Advanced Medical Engineering and Informatics (略称: Osaka Univ./MEI center)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 高田 健治 / Kenji Takada / タカダ ケンジ
第8著者 所属(和/英) 大阪大学/大阪大学臨床医工学融合研究教育センタ (略称: 阪大)
Osaka University/The Center for Advanced Medical Engineering and Informatics (略称: Osaka Univ./MEI center)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-11-15 10:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-MI2010-69 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.280 
ページ範囲 pp.17-22 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MI-2010-11-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会