電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-11-13 13:15
目・頭部方向の手がかりによる視覚的注意の移動
小川将樹妹尾武治伊藤裕之須長正治九大HIP2010-63
抄録 (和) 他者の視線方向に自らの注意が捕捉される現象については,主に瞳の方向を刺激とした反応時間課題が行われてきた.しかし,近年瞳の方向に加えて頭部輪郭の方向も刺激として注目されるようになり,その効果が論じられている.本研究では,目の情報を含まない頭部輪郭だけの効果を得るため,人物を背後から撮影した写真を背後刺激として用い,人物を正面から撮影した写真(正面刺激)との比較検討を行った.その結果,背後刺激であっても,正面刺激と同様に視覚的注意の移動が生じることが分かった.しかし,背後刺激では正面刺激に比べて反応時間が長くなっており,注意に関する影響は,移動以外にも及んだと考えられる 
(英) Another person's gaze direction triggers an automatic shift of our visual attention. Recently, the effect of the head orientation on the attention shift has been discussed. In this study, we used pictures of back views of person as experimental stimuli, excluding the effect of a gaze direction of the person in the picture. We measured a subject's reaction time employing a target detection task. The results showed that the back-view stimuli could shift the subject's visual attention as well as the front-view stimuli. However, under the back-view stimulus condition, the subject's reaction time was longer than that under the front-view stimulus condition.
キーワード (和) 視覚的注意 / 頭部 / 視線 / 反応時間 / / / /  
(英) Visual Attention / Head Orientation / Gaze Direction / Reaction Time / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 279, HIP2010-63, pp. 15-18, 2010年11月.
資料番号 HIP2010-63 
発行日 2010-11-06 (HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HIP2010-63

研究会情報
研究会 HIP  
開催期間 2010-11-13 - 2010-11-14 
開催地(和) 長崎総合科学大学 
開催地(英) Nagasaki Institute of Applied Science 
テーマ(和) 実・仮想空間の知覚・認知,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HIP 
会議コード 2010-11-HIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 目・頭部方向の手がかりによる視覚的注意の移動 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Visual attention shifted by another person's gaze direction and head orientation. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 視覚的注意 / Visual Attention  
キーワード(2)(和/英) 頭部 / Head Orientation  
キーワード(3)(和/英) 視線 / Gaze Direction  
キーワード(4)(和/英) 反応時間 / Reaction Time  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小川 将樹 / Masaki Ogawa / オガワ マサキ
第1著者 所属(和/英) 九州大学大学院 (略称: 九大)
Graduate school of Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 妹尾 武治 / Takeharu Seno / セノオ タケハル
第2著者 所属(和/英) 九州大学芸術工学研究院 (略称: 九大)
Faculty of Design, Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 裕之 / Hiroyuki Ito / イトウ ヒロユキ
第3著者 所属(和/英) 九州大学芸術工学研究院 (略称: 九大)
Faculty of Design, Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 須長 正治 / Shoji Sunaga /
第4著者 所属(和/英) 九州大学芸術工学研究院 (略称: 九大)
Faculty of Design, Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-11-13 13:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HIP 
資料番号 IEICE-HIP2010-63 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.279 
ページ範囲 pp.15-18 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-HIP-2010-11-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会