お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-11-12 13:15
ハンマリング加振機構による電気接点の劣化現象の研究 ~ モデリング (10) ~
和田真一越田圭治サインダー ノロブリン小田部正能久保田洋彰TMCシステム)・澤 孝一郎日本工大EMD2010-111 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2010-111
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) A mechanism which contributes oscillation toward electrical contacts by hammering oscillation mechanism (HOM) in the vertical direction has been developed and the influences of a micro-oscillation on contact resistance have been studied. The mechanism could make a study of actual degradation phenomenon on contacts by the influences of a micro-oscillation.
First, a mathematical approach in the mechanism of hammering and consequently occurred oscillation using plate dynamic theory was carried out by linearly combination of some functions and a unit step functions as external force in time and space field. According to the approach, dynamical characteristics of the mechanism were analyzed by constructing a model of a thin plate with some initial conditions, boundary conditions and a transformation of wave functions. By comparing the modeling analysis with experimental results, it was shown that the model could express, to some extent, the actual oscillation on a thin plate.
Second, another mathematical approach in the interface on electrical contacts was carried out by considering both Coulomb’s frictional force and inertial force adding to the former model. By comparing the modeling method with experimental results, it was suggested that the method could explain, to some extent, the more actual oscillation on the thin plate.
By two models it was suggested that the dynamical characteristics of the mechanism, such as displacement, acceleration and mechanical energy, could be derived from linear combinations of basal functions. And using two methods it was thought, to some extent, that a source of the fluctuation of contact resistance caused by the hammering oscillation could be analyzed.
キーワード (和) 電機接点 / 接触抵抗 / 劣化現象 / ハンマリング加振機構 / 微小振動 / クーロン摩擦力 / 慣性力 / 数学モデル  
(英) electrical contact / contact resistance / degradation phenomenon / hammering oscillating mechanism / micro-oscillation / Coulomb’s frictional force / inertial force / mathematical model  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 270, EMD2010-111, pp. 185-188, 2010年11月.
資料番号 EMD2010-111 
発行日 2010-11-04 (EMD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMD2010-111 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2010-111

研究会情報
研究会 EMD  
開催期間 2010-11-11 - 2010-11-12 
開催地(和) 西安交通大学(中国、西安) 
開催地(英) Xi'an Jiaotong University 
テーマ(和) IS-EMD2010(機構デバイス研究会第10回国際セッション) 
テーマ(英) IS-EMD2010 (10th International Session in Electro-Mechanical Devices) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMD 
会議コード 2010-11-EMD 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) ハンマリング加振機構による電気接点の劣化現象の研究 
サブタイトル(和) モデリング (10) 
タイトル(英) A study of Degradation Phenomenon of Electrical Contacts by Hammering Oscillating Mechanism 
サブタイトル(英) Modeling (10) 
キーワード(1)(和/英) 電機接点 / electrical contact  
キーワード(2)(和/英) 接触抵抗 / contact resistance  
キーワード(3)(和/英) 劣化現象 / degradation phenomenon  
キーワード(4)(和/英) ハンマリング加振機構 / hammering oscillating mechanism  
キーワード(5)(和/英) 微小振動 / micro-oscillation  
キーワード(6)(和/英) クーロン摩擦力 / Coulomb’s frictional force  
キーワード(7)(和/英) 慣性力 / inertial force  
キーワード(8)(和/英) 数学モデル / mathematical model  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 和田 真一 / Shin-ichi Wada / ワダ シンイチ
第1著者 所属(和/英) TMCシステム (略称: TMCシステム)
TMC System Co. Ltd. (略称: TMC System)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 越田 圭治 / Keiji Koshida / コシダ ケイジ
第2著者 所属(和/英) TMCシステム (略称: TMCシステム)
TMC System Co. Ltd. (略称: TMC System)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) サインダー ノロブリン / Saindaa Norovling / サインダー ノロブリン
第3著者 所属(和/英) TMCシステム (略称: TMCシステム)
TMC System Co. Ltd. (略称: TMC System)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小田部 正能 / Masayoshi Kotabe / コタベ マサヨシ
第4著者 所属(和/英) TMCシステム (略称: TMCシステム)
TMC System Co. Ltd. (略称: TMC System)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保田 洋彰 / Hiroaki Kubota / クボタ ヒロアキ
第5著者 所属(和/英) TMCシステム (略称: TMCシステム)
TMC System Co. Ltd. (略称: TMC System)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 澤 孝一郎 / Koichiro Sawa / サワ コウイチロウ
第6著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: Nippon Inst. of Tech.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-11-12 13:15:00 
発表時間 15 
申込先研究会 EMD 
資料番号 IEICE-EMD2010-111 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.270 
ページ範囲 pp.185-188 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EMD-2010-11-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会