電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-11-12 09:40
OFDMベースのコグニティブ無線におけるSUによるCyclic Prefixを用いたPUの自律的検出法に関する一検討
内藤啓介笹瀬 巌慶大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 周波数リソース不足の問題を解消するために,コグニティブ無線(CR:Cognitive Radio)が注目されている.
CRではライセンスを持つPU(Primary User)の未使用帯域を検出し,二次利用者であるSU(Secondary User)がその帯域を使用する.
従来はPUとSUの干渉を防ぐために,集中制御局が周波数管理を行っている.
しかし,セルサイズの縮小化に伴う集中制御局のインフラ整備によるコストの増加,及びCRを用いる際に柔軟性に欠けるなどの問題がある.そこで本研究では,集中制御による周波数管理を必要とせず,かつ帯域の一部をサイド情報として用いずに,PUがSUの用いている帯域を使用しはじめた場合に,SUによるCP(Cyclic Prefix)を用いたPUの自律的検出法を検討する.ここでは,PUは変調方式としてOFDM(Orthogonal Frequency Division Multiplex)を用いることを前提とし,SUは,OFDMの特徴である周期性を利用してCPと有効シンボルの相関を求め,相関が高いものを同期候補とする.そして,この同期候補のOFDMシンボルから,周波数領域においてパイロットサブキャリアを取り出し,既知のPUのパイロットサブキャリアと成分ごとに乗算し,その結果をIFFT(Inverse Fast Fourier Transform)することにより,PUの検出を行う.計算機シミュレーションにより検出率を評価し,検討方法の有効性示す. 
(英) CR(Cognitive Radio) has been attracted attentions to resolve the problem related to lack of frequencies. For the CR, if we detect the unused frequency band which is used by licensed PU(Primary User), SU(Secondary User) starts to use the frequency band. In the conventional scheme, centralized control manages frequency resources to avoid the interference between PU and SU. However, there are problems related to infrastructure construction cost increment caused by miniaturization of cell size and CR has little flexibility when it starts. In this paper, we study autonomous PU detection scheme by SU when PU starts to use the licensed frequency band, which needs neither management of frequency by centralized control, nor side information which is a part of the frequency band. We assume that PU modulation is OFDM(Orthogonal Frequency Division Multiplex). After SU calculates the correlation between CP(Cyclic Prefix) and effective symbol, the one with a high correlation is regarded as a synchronous candidate. Then the pilot subcarriers are extracted from OFDM symbol of synchronous candidate in the frequency domain. To detect PU, IFFT(Inverse Fast Fourier Transform) is applied to the extracted subcarriers which is multiplied known pilot subcarriers. The detection probability is evaluated by the computer simulation, and the effectiveness of the proposed method is shown.
キーワード (和) コグニティブ無線 / OFDM / PU検出 / / / / /  
(英) Cognitive Radio / OFDM / PU detection / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 269, CS2010-47, pp. 59-64, 2010年11月.
資料番号 CS2010-47 
発行日 2010-11-04 (CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.

研究会情報
研究会 CS  
開催期間 2010-11-11 - 2010-11-12 
開催地(和) 和倉温泉観光会館 
開催地(英) Wakura Hot Spring 
テーマ(和) ブロードバンドアクセス,ホームネットワーク,ネットワークサービス,通信利用アプリケーション,一般 
テーマ(英) Broadband access systems, home networks, network services, applications for communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2010-11-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) OFDMベースのコグニティブ無線におけるSUによるCyclic Prefixを用いたPUの自律的検出法に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Autonomous PU Detection Scheme by SU with Cyclic Prefix in OFDM-based Cognitive Radio 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コグニティブ無線 / Cognitive Radio  
キーワード(2)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(3)(和/英) PU検出 / PU detection  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 内藤 啓介 / Keisuke Naito / ナイトウ ケイスケ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 笹瀬 巌 / Iwao Sasase / ササセ イワオ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-11-12 09:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2010-47 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.269 
ページ範囲 pp.59-64 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CS-2010-11-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会