お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-11-11 16:20
GPU-Assisted Evolutive Image Predictor Generation
Matthew McCawleySeishi TakamuraHirohisa JozawaNTTIE2010-88
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) Evolutive Image Coding has shown promising results in efficiency compared to other lossless coding methods, but until now, the processing power required for the fitness evaluation has limited its usefulness outside of large computer clusters. Using the CUDA programming language on comparatively inexpensive NVIDIA graphics cards, we have obtained speed increases of up to 150 times for the fitness evaluation. Some of the techniques we have used to improve performance include utilizing the GPU's fast shared memory whenever possible as well as performing some calculations for which the GPU is not as well suited, such as a histogram-based calculation, on the CPU while the GPU simultaneously calculates the fitness evaluation in order to minimize idle time.
キーワード (和) GPU / CUDA / 可逆画像符号化 / 遺伝的プログラミング / / / /  
(英) GPU / CUDA / lossless image coding / genetic programming / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 275, IE2010-88, pp. 25-28, 2010年11月.
資料番号 IE2010-88 
発行日 2010-11-04 (IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IE2010-88

研究会情報
研究会 IE ITE-AIT ITE-BCT ITE-ME  
開催期間 2010-11-11 - 2010-11-12 
開催地(和) 鹿児島大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 高精細度画像処理・表示および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2010-11-IE-AIT-BCT-ME 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) GPU-Assisted Evolutive Image Predictor Generation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) GPU / GPU  
キーワード(2)(和/英) CUDA / CUDA  
キーワード(3)(和/英) 可逆画像符号化 / lossless image coding  
キーワード(4)(和/英) 遺伝的プログラミング / genetic programming  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) マシュー マコーリー / Matthew McCawley /
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高村 誠之 / Seishi Takamura / タカムラ セイシ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 如澤 裕尚 / Hirohisa Jozawa / ジョザワ ヒロヒサ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-11-11 16:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IE 
資料番号 IEICE-IE2010-88 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.275 
ページ範囲 pp.25-28 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-IE-2010-11-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会