お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-11-11 09:45
The Randomness of Contact Welding Occurence in the Electrical Endurance Test
Laijun ZhaoHuazhong Univ. of Science and Tech./Henan Polytechnic Univ.)・○Zhenbiao LiHansi ZhangHuazhong Univ. of Science and Tech.EMD2010-72 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2010-72
抄録 (和) To better understand how the occurrence of contact welding relates to the operation series arcing durations in consecutive make and break operations, the electrical endurance test was conducted with the commercial automotive relay, and the waveforms of make and break voltage between the electrodes were recorded with LabView. Experiments indicate welding may occur suddenly or randomly with the increase of operation number. A single or a few longer make or break duration is not certain to result in the contact welding, but a group of longer break or make arc durations within a certain range of operation can make the welding happen soon after (called 。ーgroup longer arcing duration effect。ア). Welding may occur in both making and breaking operation, but the welding probability in making operation is much higher than in breaking operation. 
(英) To better understand how the occurrence of contact welding relates to the operation series arcing durations in consecutive make and break operations, the electrical endurance test was conducted with the commercial automotive relay, and the waveforms of make and break voltage between the electrodes were recorded with LabView. Experiments indicate welding may occur suddenly or randomly with the increase of operation number. A single or a few longer make or break duration is not certain to result in the contact welding, but a group of longer break or make arc durations within a certain range of operation can make the welding happen soon after (called 。ーgroup longer arcing duration effect。ア). Welding may occur in both making and breaking operation, but the welding probability in making operation is much higher than in breaking operation.
キーワード (和) Relay / Welding / Arc duration / Operation number / / / /  
(英) Relay / Welding / Arc duration / Operation number / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 270, EMD2010-72, pp. 23-26, 2010年11月.
資料番号 EMD2010-72 
発行日 2010-11-04 (EMD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMD2010-72 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2010-72

研究会情報
研究会 EMD  
開催期間 2010-11-11 - 2010-11-12 
開催地(和) 西安交通大学(中国、西安) 
開催地(英) Xi'an Jiaotong University 
テーマ(和) IS-EMD2010(機構デバイス研究会第10回国際セッション) 
テーマ(英) IS-EMD2010 (10th International Session in Electro-Mechanical Devices) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMD 
会議コード 2010-11-EMD 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The Randomness of Contact Welding Occurence in the Electrical Endurance Test 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Relay / Relay  
キーワード(2)(和/英) Welding / Welding  
キーワード(3)(和/英) Arc duration / Arc duration  
キーワード(4)(和/英) Operation number / Operation number  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Laijun Zhao / Laijun Zhao /
第1著者 所属(和/英) HUZHONG UNIVERSITY OF SCIENCE AND TECHNOLOGY (略称: Huazhong Univ. of Science and Tech./Henan Polytechnic Univ.)
HUZHONG UNIVERSITY OF SCIENCE AND TECHNOLOGY (略称: Huazhong Univ. of Science and Tech./Henan Polytechnic Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Zhenbiao Li / Zhenbiao Li /
第2著者 所属(和/英) HUZHONG UNIVERSITY OF SCIENCE AND TECHNOLOGY (略称: Huazhong Univ. of Science and Tech.)
HUZHONG UNIVERSITY OF SCIENCE AND TECHNOLOGY (略称: Huazhong Univ. of Science and Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Hansi Zhang / Hansi Zhang /
第3著者 所属(和/英) HUZHONG UNIVERSITY OF SCIENCE AND TECHNOLOGY (略称: Huazhong Univ. of Science and Tech.)
HUZHONG UNIVERSITY OF SCIENCE AND TECHNOLOGY (略称: Huazhong Univ. of Science and Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-11-11 09:45:00 
発表時間 15 
申込先研究会 EMD 
資料番号 IEICE-EMD2010-72 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.270 
ページ範囲 pp.23-26 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EMD-2010-11-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会