電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-11-05 15:30
[ポスター講演]相関信号下での圧縮センシングの性能解析
竹田晃人樺島祥介東工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 圧縮センシングは信号疎性を利用した新しいデータ圧縮法であるが, ランダム圧縮過程の下で信号の完全復元の為の圧縮限界が乱雑系に対する統計力学の解析手法であるレプリカ法を用いて議論出来ることが最近示された. ここではその方法を拡張し相関を持つ信号に対する圧縮センシングの圧縮限界を調べる一般的な手法を提示する. この手法の適用例として, 疎性付き自己回帰モデルにより生成された時系列信号の圧縮センシングを考え, 圧縮限界が提案手法で実際に求められること, またその結果が計算機実験により得られた圧縮限界とも一致することを示す. 
(英) We provide a scheme for exploring the reconstruction limit of compressed sensing by minimizing the general cost function under the random measurement constraints for generic correlated signal sources. Our scheme is based on the replica method in statistical mechanics, which is for dealing with random systems. As a simple but non-trivial example, we apply the scheme to a sparse autoregressive model, where the first differences in the input signals of the correlated time series are sparse, and evaluate the critical compression rate for a perfect reconstruction. The results are in good agreement with a numerical experiment for a signal reconstruction.
キーワード (和) 圧縮センシング / データ圧縮 / 信号疎性 / 統計力学 / レプリカ法 / スピングラス / /  
(英) compressed sensing / data compression / signal sparsity / statistical mechanics / replica method / spin glasses / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 265, IBISML2010-83, pp. 175-180, 2010年11月.
資料番号 IBISML2010-83 
発行日 2010-10-28 (IBISML) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IBISML  
開催期間 2010-11-04 - 2010-11-06 
開催地(和) 東大生産研 
開催地(英) IIS, Univ. of Tokyo 
テーマ(和) IBIS 2010 (情報論的学習理論ワークショップ) 
テーマ(英) IBIS 2010 (Workshop on Information-based Induction Sciences) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IBISML 
会議コード 2010-11-IBISML 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 相関信号下での圧縮センシングの性能解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance analysis of compressed sensing under correlated signals 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 圧縮センシング / compressed sensing  
キーワード(2)(和/英) データ圧縮 / data compression  
キーワード(3)(和/英) 信号疎性 / signal sparsity  
キーワード(4)(和/英) 統計力学 / statistical mechanics  
キーワード(5)(和/英) レプリカ法 / replica method  
キーワード(6)(和/英) スピングラス / spin glasses  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹田 晃人 / Koujin Takeda / タケダ コウジン
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 樺島 祥介 / Yoshiyuki Kabashima / カバシマ ヨシユキ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-11-05 15:30:00 
発表時間 180 
申込先研究会 IBISML 
資料番号 IEICE-IBISML2010-83 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.265 
ページ範囲 pp.175-180 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IBISML-2010-10-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会