電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-11-04 15:00
[ポスター講演]語彙ネットワークからの単語の感情極性抽出 ~ 統計力学的視点からの精度改善法 ~
後藤拓馬樺島祥介高村大也東工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) スピンモデルを用いた評価表現辞書の構築における精度的改善法を提案する.この手法では語釈文,シソーラス,コーパスによって語彙ネットワークを構築する.その上で,語彙ネットワークを一種のスピンシステムとしてモデル化し,適当な温度の熱平衡状態における各スピンの熱平均値を求めることによって各単語の感情極性を評価し,評価表現辞書を構築する.既存のモデルでは温度を十分に高温から下げていった場合,感情極性の精度はある臨界的な温度までは単調に改善されるが,それ以下の温度に下げるとシステムが強磁性相に転移し精度が急激に悪化する.そこで,提案手法では相互作用行列の固有値解析に基づき低温でシステムを強磁性相に転移させる要因をモデルから取り除く工夫を導入した.その結果,同程度の計算コストで既存の手法より高い精度で評価表現辞書を構築することが可能となった. 
(英) We propose a method for improving the performance of the polarity lexicon extraction based on a spin model. In the scheme, a lexical network is constructed on the basis of glosses in a dictionary, a thesaurus and a corpus. A polarity lexicon is built by regarding semantic orientations of words on the network as Ising spin variables of statistical mechanics and evaluating thermal averages of the Ising spins. In the naive model proposed in the earlier work, the system exhibits a ferromagnetic phase transition when the temperature is lowered below a certain critical value, which drastically deteriorates the performance of the polarity lexicon. We show that the ferromagnetic transition can be avoided by removing the component of the largest eigenvalue from the connectivity
matrix. This leads to a considerable improvement of the extraction of semantic orientations based on spin model without scacrifi cing the cost of necessary computation.
キーワード (和) スピンモデル / 平均場方程式 / 単語の感情極性 / 評価表現辞書 / / / /  
(英) spin model / mean field equation / semantic orientations / polarity lexicon / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 265, IBISML2010-62, pp. 19-25, 2010年11月.
資料番号 IBISML2010-62 
発行日 2010-10-28 (IBISML) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IBISML  
開催期間 2010-11-04 - 2010-11-06 
開催地(和) 東大生産研 
開催地(英) IIS, Univ. of Tokyo 
テーマ(和) IBIS 2010 (情報論的学習理論ワークショップ) 
テーマ(英) IBIS 2010 (Workshop on Information-based Induction Sciences) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IBISML 
会議コード 2010-11-IBISML 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 語彙ネットワークからの単語の感情極性抽出 
サブタイトル(和) 統計力学的視点からの精度改善法 
タイトル(英) Extracting semantic orientations using lexical networks 
サブタイトル(英) Performance improvement from the viewpoint of statistical mechanics 
キーワード(1)(和/英) スピンモデル / spin model  
キーワード(2)(和/英) 平均場方程式 / mean field equation  
キーワード(3)(和/英) 単語の感情極性 / semantic orientations  
キーワード(4)(和/英) 評価表現辞書 / polarity lexicon  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 後藤 拓馬 / Takuma Goto / ゴトウ タクマ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 樺島 祥介 / Yoshiyuki Kabashima / カバシマ ヨシユキ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高村 大也 / Hiroya Takamura / タカムラ ヒロヤ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-11-04 15:00:00 
発表時間 180 
申込先研究会 IBISML 
資料番号 IEICE-IBISML2010-62 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.265 
ページ範囲 pp.19-25 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-IBISML-2010-10-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会