電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-11-04 15:00
[ポスター講演]領域ベースの隠れ変数と確率伝搬法を用いた画像領域分割
長谷川亮太三好誠司関西大)・岡田真人東大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ベイズ推定を用いる画像処理においてエッジを表現するためには隠れ変数の導入が有効である.本稿では,領域ベースの隠れ変数を用いる結合MRFモデルに基づき,確率伝搬法の一種であるビリーフプロパゲーションと変分推論法を組み合わせた手法を用いて画像の修復と領域分割を行う決定論的なアルゴリズムを導出する.このアルゴリズムでは原画像や隠れ変数だけでなく2個のハイパーパラメータ
も推定する.さらに,変分自由エネルギー最小化によるモデル選択も行う.熱浴法で生成した人工画像やガウス雑音が重畳された自然画像を用いた実験により,提案手法が一枚の劣化画像だけから良好な修復と領域分割を行う潜在能力を有することを示す. 
(英) To represent edges in image processing based on Bayesian inference, it is very effective to introduce latent variables. In this paper, we derive a deterministic algorithm that restores and segments an image by using belief propagation and a variational inference method based on region-based latent variables and a coupled MRF model. This algorithm estimates two hyper-parameters as well as infers the original image and the latent variables. In addition, the algorithm carries out the model selection by minimizing variational free energy. Through experiments using an artificial image generated by heat bath method and a natural image degraded by Gaussian noises, we show that the derived algorithm has a potential ability to restore and segment using only one noisy image.
キーワード (和) ベイズ推定 / 画像修復 / 領域分割 / 領域ベースの隠れ変数 / モデル選択 / ハイパーパラメータ推定 / ビリーフプロパゲーション /  
(英) Bayesian inference / image restoration / image segmentation / region-based latent variables / model selection / hyper-parameter estimation / belief propagation /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 265, IBISML2010-71, pp. 91-97, 2010年11月.
資料番号 IBISML2010-71 
発行日 2010-10-28 (IBISML) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IBISML  
開催期間 2010-11-04 - 2010-11-06 
開催地(和) 東大生産研 
開催地(英) IIS, Univ. of Tokyo 
テーマ(和) IBIS 2010 (情報論的学習理論ワークショップ) 
テーマ(英) IBIS 2010 (Workshop on Information-based Induction Sciences) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IBISML 
会議コード 2010-11-IBISML 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 領域ベースの隠れ変数と確率伝搬法を用いた画像領域分割 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Image Segmentation by Region-Based Latent Variables and Belief Propagation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ベイズ推定 / Bayesian inference  
キーワード(2)(和/英) 画像修復 / image restoration  
キーワード(3)(和/英) 領域分割 / image segmentation  
キーワード(4)(和/英) 領域ベースの隠れ変数 / region-based latent variables  
キーワード(5)(和/英) モデル選択 / model selection  
キーワード(6)(和/英) ハイパーパラメータ推定 / hyper-parameter estimation  
キーワード(7)(和/英) ビリーフプロパゲーション / belief propagation  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 亮太 / Ryota Hasegawa / ハセガワ リョウタ
第1著者 所属(和/英) 関西大学大学院 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 三好 誠司 / Seiji Miyoshi / ミヨシ セイジ
第2著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 真人 / Masato Okada / オカダ マサト
第3著者 所属(和/英) 東京大学大学院 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-11-04 15:00:00 
発表時間 180 
申込先研究会 IBISML 
資料番号 IEICE-IBISML2010-71 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.265 
ページ範囲 pp.91-97 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-IBISML-2010-10-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会