電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-10-29 09:30
パイロットとウィナーフィルタを用いる繰り返しチャネル推定のシングルキャリアHARQスループット特性
内海哲哉武田一樹安達文幸東北大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 複数受信ブロックにわたるサイズのウィナーフィルタをスライディングさせながらチャネル推定を行う,パイロットとウィナーフィルタを用いるシングルキャリア繰り返しチャネル推定は,精度良く自己相関関数を推定でき,十分長いサイズのウィナーフィルタよりも演算量を抑えながら,チャネル変動への高い追従能力を有している.パイロットには重畳型と時間多重型の2つがある.本論文では,重畳型パイロットとウィナーフィルタを用いる繰り返しチャネル推定(SI-PACE)に重点を置きながら,それと時間多重パイロットとウィナーフィルタを用いるチャネル推定(TM-PACE)をシングルキャリアハイブリッド自動再送要求(SC HARQ)に適用した時のスループット特性を計算機シミュレーションで求め,SI-PACEとTM-PACEとを比較している. 
(英) Single-carrier (SC) pilot based iterative channel estimation with sliding Wiener filter having a short window size (several SC blocks) has a high tracking ability against the fading time variation while improving the autocorrelation estimation and reducing the computational complexity compared to the channel estimation with a Wiener filter with a large window size. There are two types of pilot: time multiplexed pilot and superimposed pilot. Time-multiplexed pilot based channel estimation using Wiener filter and superimposed-pilot based channel estimation using Wiener filter are respectively called TM-PACE and SI-PACE. In this paper, focusing on SI-PACE, we investigate the throughput performances of SC HARQ achievable with TM-PACE and SI-PACE to compare.
キーワード (和) 重畳型パイロット / ウィナーフィルタ / 自己相関推定 / HARQ / / / /  
(英) Superimposed Pilots / Wiener Filter / Autocorrelation estimation / HARQ / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 251, RCS2010-128, pp. 139-144, 2010年10月.
資料番号 RCS2010-128 
発行日 2010-10-20 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AN USN SR RCS  
開催期間 2010-10-27 - 2010-10-29 
開催地(和) 大阪大学 
開催地(英) Osaka University 
テーマ(和) 無線分散ネットワークおよび一般 
テーマ(英) Wireless distributed network, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2010-10-AN-USN-SR-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) パイロットとウィナーフィルタを用いる繰り返しチャネル推定のシングルキャリアHARQスループット特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Single-carrier HARQ Throughput performance with Iterative Channel Estimation Using Pilot And Wiener-filtering 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 重畳型パイロット / Superimposed Pilots  
キーワード(2)(和/英) ウィナーフィルタ / Wiener Filter  
キーワード(3)(和/英) 自己相関推定 / Autocorrelation estimation  
キーワード(4)(和/英) HARQ / HARQ  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 内海 哲哉 / Tetsuya Uchiumi / ウチウミ テツヤ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 武田 一樹 / Kazuki Takeda / タケダ カズキ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 安達 文幸 / Fumiyuki Adachi / アダチ フミユキ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-10-29 09:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2010-128 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.251 
ページ範囲 pp.139-144 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2010-10-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会