電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-10-29 10:10
Robust Spectrum Sensing Of DVB-T Signals
Chunyi SongAzizur M RahmanRyuhei FunadaHiroshi HaradaNICT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) The regulations for operation in the TV white space (TVWS) have been developed and released in USA and UK. It is believed that the ongoing standardization activities for operations in the TVWS and the other related activities will encourage the regulation development in more regions and countries. Based on the released regulations, regulations made by different countries are expected to commonly require the TV band device (TVBD), especially the sensing only TVBD, to be capable of detecting very low power incumbent TV signals (e.g. -114dBm /6MHz) within short time (e.g. <1 second). To fulfill the strict requirements on both of sensitivity and sensing time while keeping the implementation complexity and cost below a desired level, in this paper, we propose two new sensing methods: the one achieves the optimal sensing performance requires time synchronization while the one achieves sub-optimal sensing performance requires no time synchronization. We also propose a combination of above two sensing methods to realize a complete sensing operation procedure. The optimal sensing method employs improved threshold decision, sliding (cross) correlation of selectively reduced scale and robust time offset correction. The evaluation results show that for achieving a goal of high detection probability (&#8805;90%) and low false alarm probability (<1%) in very low SNR regime (<-15dB), in comparison with the conventional sensing method, the proposed optimal sensing method maximally reduces sensing time by 50% in AWGN channel and by 70% in one-path Rayleigh fading channel, and reduces computational burden by more than 99% in either type of above channels. The sub-optimal has also shown to be capable of fulfilling the regulation requirements with significantly reduced implementation complexity in comparison with the conventional sensing method.
キーワード (和) スペクトラムセンシング / TV ホワイトスペース / コグニティブ無線 / DVB-T / / / /  
(英) spectrum sensing / TV White Space / cognitive radio / DVB-T / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 252, SR2010-63, pp. 161-168, 2010年10月.
資料番号 SR2010-63 
発行日 2010-10-20 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AN USN SR RCS  
開催期間 2010-10-27 - 2010-10-29 
開催地(和) 大阪大学 
開催地(英) Osaka University 
テーマ(和) 無線分散ネットワークおよび一般 
テーマ(英) Wireless distributed network, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2010-10-AN-USN-SR-RCS 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Robust Spectrum Sensing Of DVB-T Signals 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) スペクトラムセンシング / spectrum sensing  
キーワード(2)(和/英) TV ホワイトスペース / TV White Space  
キーワード(3)(和/英) コグニティブ無線 / cognitive radio  
キーワード(4)(和/英) DVB-T / DVB-T  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宋 春毅 / Chunyi Song /
第1著者 所属(和/英) 独立行政法人 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) ラハマン モハメッド アジイズル / Azizur M Rahman /
第2著者 所属(和/英) 独立行政法人 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 船田 龍平 / Ryuhei Funada /
第3著者 所属(和/英) 独立行政法人 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 原田 博司 / Hiroshi Harada /
第4著者 所属(和/英) 独立行政法人 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-10-29 10:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2010-63 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.252 
ページ範囲 pp.161-168 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-SR-2010-10-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会