電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-10-29 09:50
Chain型センサネットワークにおける集約率とルート分割による消費電力削減について
森 崇彰高 博昭上原秀幸大平 孝豊橋技科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究ではセンサノードをひとつなぎにするChain構造のルートに着目する.Chain構造のルートは深さを得やすく,集約によって送信パケットサイズを削減でき,消費電力を抑えることが可能となる.
しかし,これまでは完全集約の場合のみの検討であり,集約率が低い場合にルートの深さが消費電力削減量に与える影響は検討されていない.
そこで本稿では,ルートの深さと送信パケットサイズの関係を定式化し,集約率に応じて適したルートの分割数を導出する.導出した分割数に基づいてルート分割するMultiple Chain方式と,Chain構造のルートを分割しないSingle Chain方式を比較し,消費電力削減効果を検討する.
シミュレーション結果より集約率に応じてルート分割したMultiple Chain方式と,ルート分割しないSingle Chain方式を比較して最大で約66%の消費電力削減効果があることを示した. 
(英) In this paper, we focus on chain structured routings and study the effect of consumed energy reduction when the route depth is changed according to aggregation rate. In detail, the relation between the route depth and the transmitted packet size is formulated and the number of chain structured routes is theoretically derived. We evaluate the reduction of consumed energy for the single and multiple chain schemes.
From the simulation results, it is found that the multiple chain scheme achieves 66% reduction of consumed energy compared with the single chain scheme.
キーワード (和) センサネットワーク / 消費電力削減 / 集約率 / Chain / ルーティング / / /  
(英) Sensor network / Reduction of consumed energy / Aggregation rate / Chain / Routing / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 254, USN2010-35, pp. 91-96, 2010年10月.
資料番号 USN2010-35 
発行日 2010-10-21 (USN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AN USN SR RCS  
開催期間 2010-10-27 - 2010-10-29 
開催地(和) 大阪大学 
開催地(英) Osaka University 
テーマ(和) 無線分散ネットワークおよび一般 
テーマ(英) Wireless distributed network, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 USN 
会議コード 2010-10-AN-USN-SR-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Chain型センサネットワークにおける集約率とルート分割による消費電力削減について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effect of Aggregation and Reduction of Consumed Energy by Route Division in Chain Structured Sensor Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) センサネットワーク / Sensor network  
キーワード(2)(和/英) 消費電力削減 / Reduction of consumed energy  
キーワード(3)(和/英) 集約率 / Aggregation rate  
キーワード(4)(和/英) Chain / Chain  
キーワード(5)(和/英) ルーティング / Routing  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 崇彰 / Takaaki Mori / モリ タカアキ
第1著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Univ. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高 博昭 / Hiroaki Taka / タカ ヒロアキ
第2著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Univ. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 上原 秀幸 / Hideyuki Uehara / ウエハラ ヒデユキ
第3著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Univ. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大平 孝 / Takashi Ohira / オオヒラ タカシ
第4著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Univ. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-10-29 09:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 USN 
資料番号 IEICE-USN2010-35 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.254 
ページ範囲 pp.91-96 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-USN-2010-10-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会