電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-10-29 09:30
ダイナミックスペクトラムアクセスにおけるオーバーラップFFTフィルタバンクを用いたスペクトルセンシング方式の検討
佐藤貴則梅比良正弘茨城大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ダイナミックスペクトラムアクセスのためのスペクトルセンシング方式として,ピリオドグラム方式,Multi-taper方式,およびフィルタバンク方式が提案されているが,フィルタバンク方式は通信に利用する回路を共用して実現できるため,実装が容易という利点がある.しかし,従来のフィルタバンク方式は,時間領域処理のため検出帯域,フィルタ形式や周波数などの柔軟な設定・変更が行い難いという問題がある.本報告では,周波数領域処理のため検出帯域やフィルタ形式,周波数を柔軟かつ容易に設定できる,オーバーラップFFTフィルタバンクを用いたスペクトルセンシング方式を提案する.本文では,提案方式における窓関数による誤検出率特性改善法を提案し,計算機シミュレーションによりその有効性を示す.さらに,ロールオフ率と変調方式の各システムパラメータに対する誤検出率特性と不検出率特性について,提案方式と従来のピリオドグラム方式との比較評価を行った結果を述べる. 
(英) As a spectrum sensing scheme for dynamic spectrum access, a periodgram scheme, a multi-taper scheme, and a filter-bank scheme are proposed. The filter-bank scheme is advantageous in hardware implementation complexity since the hardware required for communications can be re-used for spectrum sensing. However, it is difficult for the conventional filter-bank to change the detection bandwidth, filter type and frequency channel since the conventional filter-bank is based on time domain signal processing. This paper proposes a novel spectrum sensing scheme using overlap FFT filter-bank based on frequency domain signal processing, which can flexibly change the detection bandwidth, filter type and frequency channel. In addition, this paper proposes a windowing method for the proposed spectrum sensing scheme to improve the false-detection performance and confirms its improvement by computer simulation. Furthermore, false-detection and miss-detection performance of the proposed spectrum sensing scheme are compared with those of the conventional periodgram scheme according to the roll-off factor of the filter and modulation scheme.
キーワード (和) ダイナミックスペクトラムアクセス / スペクトルセンシング / オーバーラップFFT / フィルタバンク / ピリオドグラム / / /  
(英) Dynamic Spectrum Access / Spectrum Sensing / Overlap FFT / Filter-bank / Periodgram / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 252, SR2010-61, pp. 149-154, 2010年10月.
資料番号 SR2010-61 
発行日 2010-10-20 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AN USN SR RCS  
開催期間 2010-10-27 - 2010-10-29 
開催地(和) 大阪大学 
開催地(英) Osaka University 
テーマ(和) 無線分散ネットワークおよび一般 
テーマ(英) Wireless distributed network, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2010-10-AN-USN-SR-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ダイナミックスペクトラムアクセスにおけるオーバーラップFFTフィルタバンクを用いたスペクトルセンシング方式の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A novel spectrum sensing scheme using overlap FFT filter-bank for dynamic spectrum access 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ダイナミックスペクトラムアクセス / Dynamic Spectrum Access  
キーワード(2)(和/英) スペクトルセンシング / Spectrum Sensing  
キーワード(3)(和/英) オーバーラップFFT / Overlap FFT  
キーワード(4)(和/英) フィルタバンク / Filter-bank  
キーワード(5)(和/英) ピリオドグラム / Periodgram  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 貴則 / Takanori Sato / サトウ タカノリ
第1著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 梅比良 正弘 / Masahiro Umehira / ウメヒラ マサヒロ
第2著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-10-29 09:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2010-61 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.252 
ページ範囲 pp.149-154 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SR-2010-10-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会