電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-10-29 11:00
ホワイトスペース二次利用型コグニティブ無線システムにおける地形情報を考慮した与干渉量推定に基づく高度スペクトル制御
中村俊文菅原弘人村岡一志有吉正行NEC
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ホワイトスペース二次利用型コグニティブ無線システムでは,プライマリシステムに与える干渉量を所定値以下に抑えつつ,二次利用する周波数帯域や許容送信電力を決定するスペクトル制御が必要である.その際,二次利用によってプライマリシステムに与える干渉量を伝搬推定によって推定するが,その推定精度が悪い場合,許容送信電力に大きなマージンを付与する必要がある.その結果,ホワイトスペースを十分に活用できなくなる.そこで本稿では,地形情報を考慮した高精度な与干渉推定に基づくスペクトル制御法を提案すると共に,提案手法を実現するためのシステム構成を明らかにする.実際の地形データ例に提案手法をシミュレーション評価したところ,プライマリシステムへの与干渉確率を所定値以下とする条件下で,二次利用システム側の許容送信電力を従来方式に対して15dB 程度改善できることを明らかにした. 
(英) Spectrum management is one of essential functions for cognitive radio systems operating in white space spectrum bands in order to avoid causing harmful interference to primary systems. This function plays a role on deciding frequency band and allowable transmit power for the cognitive radio systems. In this process, radio propagation estimation is used to cognize the interference level to the primary systems. In a case that the estimation accuracy is low, the cognitive radio systems will be required to have a large margin in their allowable transmit power. This results in the loss of opportunities for white space utilization. In this paper, we propose an advanced spectrum management scheme by using site-specific interference estimation. A system configuration to realize our proposed method is also described. Our simulation results using the actual terrain information indicate that the proposed method allows to increase the transmit power of the secondary systems by about 15dB without increasing the interference level to the primary systems.
キーワード (和) コグニティブ無線 / ホワイトスペース / スペクトル制御 / 与干渉量推定 / 無線環境認識 / / /  
(英) Cognitive Radio / White Space / Spectrum Manager / Interference Estimation / Radio Environment Cognition / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 252, SR2010-65, pp. 177-184, 2010年10月.
資料番号 SR2010-65 
発行日 2010-10-20 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AN USN SR RCS  
開催期間 2010-10-27 - 2010-10-29 
開催地(和) 大阪大学 
開催地(英) Osaka University 
テーマ(和) 無線分散ネットワークおよび一般 
テーマ(英) Wireless distributed network, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2010-10-AN-USN-SR-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ホワイトスペース二次利用型コグニティブ無線システムにおける地形情報を考慮した与干渉量推定に基づく高度スペクトル制御 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Site Specific Interference Estimation for Advanced Spectrum Management in Cognitive Radio Systems over White Space Spectrum 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コグニティブ無線 / Cognitive Radio  
キーワード(2)(和/英) ホワイトスペース / White Space  
キーワード(3)(和/英) スペクトル制御 / Spectrum Manager  
キーワード(4)(和/英) 与干渉量推定 / Interference Estimation  
キーワード(5)(和/英) 無線環境認識 / Radio Environment Cognition  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 俊文 / Toshifumi Nakamura / ナカムラ トシフミ
第1著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅原 弘人 / Hiroto Sugahara / スガハラ ヒロト
第2著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 村岡 一志 / Kazushi Muraoka / ムラオカ カズシ
第3著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 有吉 正行 / Masayuki Ariyoshi / アリヨシ マサユキ
第4著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-10-29 11:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2010-65 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.252 
ページ範囲 pp.177-184 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-SR-2010-10-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会