電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-10-29 13:10
繰り返しMMSE検出を適用する上りリンクSC-FDMA MIMO HARQスループット特性
奥山 卓武田一樹安達文幸東北大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 次世代超高速無線通信システムの上りリンクアクセスでは,ピーク対平均電力比(PAPR)の低いシングルキャリア周波数分割多元接続(SC-FDMA),マルチ送受信アンテナ(MIMO)やハイブリッド自動再送要求(HARQ)が重要な無線技術である.SC-FDMAでは送信フィルタのロールオフファクタ$\alpha$を大きくすることで,送信信号のPAPRを更に低減し,またより大きな周波数ダイバーシチ利得が得ることが出来るが,ユーザ間の搬送波周波数間隔を$\alpha$=0のときと同様に保つと,隣接ユーザとのスペクトルの重なりが生じ,マルチユーザ干渉(MUI)が発生する.そこで筆者らは以前,シングル送受信アンテナ(SISO)を用いる無符号化上りリンクを対象に,最小平均二乗誤差(MMSE)規範に基づく信号検出とMUIキャンセルを繰り返し適用するMMSED-MUICを提案した.本稿では,ターボ符号化MIMO HARQシステムへの拡張を考え,MUI,残留符号間干渉(ISI)のみならず,アンテナ間干渉(IAI)も繰り返しキャンセルするMMSED-干渉キャンセラ(IC)を提案する.計算機シミュレーションにより,提案法を用いることで,隣接ユーザのスペクトルの重なりが大きい$\alpha$=1の場合に最も高いスループットが得られることを示す. 
(英) For the next generation high-speed uplink wireless communication systems, single carrier (SC)- frequency-division multiple-access (FDMA) having a low peak-to-average power ratio (PAPR) characteristic, hybrid automatic repeat request (HARQ), and multiple-input multiple-output (MIMO) multiplexing are indispensable key techniques. As the transmit filter’s roll-off factor $\alpha$ increases, PAPR of SC-FDMA signal reduces and increased frequency diversity gain. However, if the carrier-frequency separation among multiple-access users is kept the same as in the case of the roll-off factor $\alpha$=0 (i.e., brick wall filter), the adjacent users’ signal spectra overlap and the multi-user interference (MUI) is produced. In our previous work, we proposed an iterative minimum mean square error (MMSE) detection and MUI cancellation (MMSED-MUIC), which performs iteratively a series of MMSED and MUIC, for frequency-domain filtered SC-FDMA single-input single-output (SISO) uncoded uplink. In this paper, we extend our previously proposed MMSED-MUIC for uncoded SISO systems to turbo coded MIMO HARQ systems, and we propose an iterative MMSE detection and IC (MMSED-IC) for turbo coded uplink SC-FDMA MIMO using HARQ. In proposed MMSED-IC, the cancellation of just the MUI and residual inter-symbol interference (ISI) but inter-antenna interference (IAI) is performed. We evaluate the throughput performances by computer simulation and show $\alpha$=1 can achieve the highest throughput performance.
キーワード (和) SC-FDMA / MIMO / HARQ / MMSE / 繰り返し干渉キャンセル / 周波数領域フィルタ / /  
(英) SC-FDMA / MIMO / HARQ / MMSE / Iterative interference cancellation / frequency-domain filtering / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 251, RCS2010-135, pp. 181-186, 2010年10月.
資料番号 RCS2010-135 
発行日 2010-10-20 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AN USN SR RCS  
開催期間 2010-10-27 - 2010-10-29 
開催地(和) 大阪大学 
開催地(英) Osaka University 
テーマ(和) 無線分散ネットワークおよび一般 
テーマ(英) Wireless distributed network, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2010-10-AN-USN-SR-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 繰り返しMMSE検出を適用する上りリンクSC-FDMA MIMO HARQスループット特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Iterative MMSE Detection and Interference Cancellation for Uplink SC-FDMA MIMO using HARQ 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) SC-FDMA / SC-FDMA  
キーワード(2)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(3)(和/英) HARQ / HARQ  
キーワード(4)(和/英) MMSE / MMSE  
キーワード(5)(和/英) 繰り返し干渉キャンセル / Iterative interference cancellation  
キーワード(6)(和/英) 周波数領域フィルタ / frequency-domain filtering  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥山 卓 / Suguru Okuyama / オクヤマ スグル
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 武田 一樹 / Kazuki Takeda / タケダ カズキ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 安達 文幸 / Fumiyuki Adachi / アダチ フミユキ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-10-29 13:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2010-135 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.251 
ページ範囲 pp.181-186 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2010-10-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会