電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-10-29 13:30
長距離無線アクセスにおけるCSMA/CAプロトコルの性能解析
田中政晃梅原大祐田野 哲守倉正博京大)・大槻暢朗杉山隆利NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) IP網に接続されたアーバンエリアと孤立したルーラルエリア間のデジタルデバイドの解消を目的として,無線アクセスネットワークを用いることは経済的に有望な手段である.本稿では,長距離無線アクセスネットワークにおけるIEEE 802.11 CSMA/CA~(Carrier Sense Multiple Access with Collision Avoidance)プロトコルの性能解析を行う.長距離無線アクセスにおいては伝搬遅延の増加がシステムスループットに影響を与える.IEEE 802.11 CSMA/CAのバックオフアルゴリズムの解析にマルコフ連鎖のモデルを用い,伝搬遅延の影響を含めた理論解析を行う.また伝搬遅延の増加に伴ってshort-term unfairnessが顕在化することを計算機シミュレーションによって明らかにし,short-term unfairnessがスループット向上に効果があることを示す. 
(英) The use of wireless access networks, particularly such as IEEE 802.11 wireless access networks, is a economically promising method to bridge the digital divide between urban areas and rural and isolated areas. This paper analyzes the throughput performance of IEEE 802.11 carrier sense multiple access with collision avoidance~(CSMA/CA) protocol with a large propagation delay. The increase of a propagation delay results in decrease of uplink and downlink throughputs. A Markov chain model is used to analyze throughput performance of the IEEE 802.11 CSMA/CA binary exponential backoff algorithm, and this analysis includes the impacts of propagation delay. It is shown that short-term unfairness occurs according to the increase of the propagation delay, and it contributes to throughputs improvement.
キーワード (和) 伝搬遅延 / 長距離無線アクセス / CSMA/CA / IEEE 802.11 / スループット / short-term unfairness / /  
(英) propagation delay / long distance wireless access / CSMA/CA / IEEE 802.11 / throughput / short-term unfairness / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 253, AN2010-40, pp. 97-102, 2010年10月.
資料番号 AN2010-40 
発行日 2010-10-21 (AN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AN USN SR RCS  
開催期間 2010-10-27 - 2010-10-29 
開催地(和) 大阪大学 
開催地(英) Osaka University 
テーマ(和) 無線分散ネットワークおよび一般 
テーマ(英) Wireless distributed network, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AN 
会議コード 2010-10-AN-USN-SR-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 長距離無線アクセスにおけるCSMA/CAプロトコルの性能解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Analysis of CSMA/CA Protocol in Long Distance Wireless Access 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 伝搬遅延 / propagation delay  
キーワード(2)(和/英) 長距離無線アクセス / long distance wireless access  
キーワード(3)(和/英) CSMA/CA / CSMA/CA  
キーワード(4)(和/英) IEEE 802.11 / IEEE 802.11  
キーワード(5)(和/英) スループット / throughput  
キーワード(6)(和/英) short-term unfairness / short-term unfairness  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 政晃 / Masaaki Tanaka / タナカ マサアキ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 梅原 大祐 / Daisuke Umehara / ウメハラ ダイスケ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田野 哲 / Satoshi Denno / デンノ サトシ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 守倉 正博 / Masahiro Morikura / モリクラ マサヒロ
第4著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 大槻 暢朗 / Nobuaki Otsuki / オオツキ ノブアキ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉山 隆利 / Takatoshi Sugiyama /
第6著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-10-29 13:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 AN 
資料番号 IEICE-AN2010-40 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.253 
ページ範囲 pp.97-102 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AN-2010-10-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会