電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-10-29 11:00
NerveNetの設置運用に関する検討及び無線マルチホップ性能評価
大和田泰伯井上真杉大西真晶NICT)・森野博章芝浦工大)・実藤 亨ナシュア・ソリューションズ
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 将来のアクセス系ネットワークは,地域における社会問題解決や経済活動の効率化・活性化,個人生活の質向上のために,センサ情報やコンテキスト,個人の嗜好に基づく情報配信など,多様な状況に適応した形で提供されるインフラストラクチャであるべきである.筆者は,無線マルチホップにより構成される地域情報共有通信網「NerveNet」を提案している.NerveNetでは,個人の所望する情報を容易に提供可能な分散情報処理機能と,災害や障害に強い分散制御管理機能,通信事業者がネットワークを細かく管理・制御するための集中管理制御機能を兼ね備えた地域系通信インフラストラクチャである. NerveNetを現在利用可能な無線LAN装置を用いて実装し,その実現可能性や性能について評価を行っている.本稿では,NerveNetを実際に設置運用する際の検討事項に関して論じ,さらに実機を用いて無線マルチホップ通信を行った際の通信性能評価を行う. 
(英) A new generation network should be an infrastructure that can provide a variety of context-awaere of services with the use of sensor information and individual preferences in order to solve social problems, to activate economic activities, and to improve quality of residents’ lives. We have been proposing the regional information sharing and communication network system called “NerveNet” to archive these requirement. NerveNet has a distributed information processing feature to provide information to specific people who are acquiring or demanding that information. It has also an autonomously distributed network management feature which is required for accidental system failure or disaster control. In addition, it has a centralized network management feature which is helpful for network manager. We have implemented NerveNet base stations using wireless systems that are currently commercially available. In this paper, some discussions which are related to NerveNet base station installation and operation are raised, and multi-hop throughput performance of NerveNet base station is evaluated.
キーワード (和) センサネットワーク / メッシュネットワーク / NerveNet / プラットフォーム / プッシュ配信 / / /  
(英) sensor network / mesh network / NerveNet / platform / information push / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 253, AN2010-38, pp. 85-90, 2010年10月.
資料番号 AN2010-38 
発行日 2010-10-21 (AN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AN USN SR RCS  
開催期間 2010-10-27 - 2010-10-29 
開催地(和) 大阪大学 
開催地(英) Osaka University 
テーマ(和) 無線分散ネットワークおよび一般 
テーマ(英) Wireless distributed network, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AN 
会議コード 2010-10-AN-USN-SR-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) NerveNetの設置運用に関する検討及び無線マルチホップ性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Installation, Operation and Wireless Multi-hop Backbone Performance Evaluation of NerveNet 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) センサネットワーク / sensor network  
キーワード(2)(和/英) メッシュネットワーク / mesh network  
キーワード(3)(和/英) NerveNet / NerveNet  
キーワード(4)(和/英) プラットフォーム / platform  
キーワード(5)(和/英) プッシュ配信 / information push  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大和田 泰伯 / Yasunori Owada / オオワダ ヤスノリ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 真杉 / Masugi Inoue / イノウエ マスギ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大西 真晶 / Masaaki Ohnishi / オオニシ マサアキ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 森野 博章 / Hiroaki Morino / モリノ ヒロアキ
第4著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Shibaura Institute of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 実藤 亨 / Tohru Sanefuji / サネフジ トオル
第5著者 所属(和/英) 株式会社ナシュア・ソリューションズ (略称: ナシュア・ソリューションズ)
Nassua Solutions corporation (略称: NSC)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-10-29 11:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 AN 
資料番号 IEICE-AN2010-38 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.253 
ページ範囲 pp.85-90 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AN-2010-10-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会