電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-10-29 11:20
Potential Game Approach for Spectrum Sharing with Multiple Higher-priority Users in Cognitive Radio Networks
I Wayan MustikaKoji YamamotoHidekazu MurataSusumu YoshidaKyoto Univ.
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) Spectrum sharing is a new paradigm that can improve the spectral efficiency and alleviate the spectrum scarcity in wireless systems. By allowing lower-priority users to spatially reuse the spectrum allocated to higher-priority users, the spectrum resources can be efficiently utilized. In the present paper, a potential game approach for joint channel selection and power allocation in cognitive radio networks is proposed. Based on the proposed utility function, each lower-priority user attempts to choose the combination of channel and power to maximize its respective utility, which also reflects to the improvement of potential function. In particular, the situation where multiple higher-priority users may share the same frequency spectrum is considered. The simulation results show that the self-adaptation of lower-priority users in the proposed potential game minimizes the outage probability at higher-priority users and improves the spectral efficiency of the networks. 
(英) Spectrum sharing is a new paradigm that can improve the spectral efficiency and alleviate the spectrum scarcity in wireless systems. By allowing lower-priority users to spatially reuse the spectrum allocated to higher-priority users, the spectrum resources can be efficiently utilized. In the present paper, a potential game approach for joint channel selection and power allocation in cognitive radio networks is proposed. Based on the proposed utility function, each lower-priority user attempts to choose the combination of channel and power to maximize its respective utility, which also reflects to the improvement of potential function. In particular, the situation where multiple higher-priority users may share the same frequency spectrum is considered. The simulation results show that the self-adaptation of lower-priority users in the proposed potential game minimizes the outage probability at higher-priority users and improves the spectral efficiency of the networks.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) spectrum sharing / interference management / self-adaptation / cognitive radio / game theory / potential game / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 253, AN2010-41, pp. 103-108, 2010年10月.
資料番号 AN2010-41 
発行日 2010-10-21 (AN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AN USN SR RCS  
開催期間 2010-10-27 - 2010-10-29 
開催地(和) 大阪大学 
開催地(英) Osaka University 
テーマ(和) 無線分散ネットワークおよび一般 
テーマ(英) Wireless distributed network, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AN 
会議コード 2010-10-AN-USN-SR-RCS 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Potential Game Approach for Spectrum Sharing with Multiple Higher-priority Users in Cognitive Radio Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / spectrum sharing  
キーワード(2)(和/英) / interference management  
キーワード(3)(和/英) / self-adaptation  
キーワード(4)(和/英) / cognitive radio  
キーワード(5)(和/英) / game theory  
キーワード(6)(和/英) / potential game  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) イ ワヤン ムスティカ / I Wayan Mustika / イ ワヤン ムスティカ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 高至 / Koji Yamamoto / ヤマモト コウジ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 英一 / Hidekazu Murata / ムラタ ヒデカズ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 進 / Susumu Yoshida / ヨシダ ススム
第4著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-10-29 11:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 AN 
資料番号 IEICE-AN2010-41 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.253 
ページ範囲 pp.103-108 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AN-2010-10-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会