電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-10-29 14:10
仮想伝搬路に格子基底縮小を適用したMIMO復号の特性
吉川尚吾田野 哲梅原大祐守倉正博京大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) MIMO 空間多重伝送において,空間多重数が受信アンテナ数以上の場合に低演算量で高い伝送特性を達成する受信機構成法として,仮想伝搬路に格子基底縮小を適用したMIMO 復号法が提案されている.同復号法は,低演算量でMLD に近い特性を達成する格子基底縮小を用いた復号法に,空間多重数が受信アンテナ数以上である場合に
おいても復号を行うために提案されている仮想伝搬路という概念を導入し伝送特性を向上させる方式である.本稿では,仮想伝搬路に格子基底縮小を適用したMIMO 復号法の伝送特性を計算機シミュレーションによって評価し,復号に必要な演算量を示す. 
(英) A lattice-reduction-aided receiver with virtual channel detection that can provide high performance when the number of antennas at the receiver is smaller than the number of signal streams multiplexed in the MIMO channel has been proposed. The receiver uses a lattice-reduction scheme and a concept of virtual channel detection is applied in order to detect signals under the above condition. The performance and the computational complexity of the receiver is shown by using numerical simulations.
キーワード (和) 空間多重伝送 / 仮想伝搬路 / 格子基底縮小 / / / / /  
(英) MIMO / Virtual Channel / Lattice Reduction / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 251, RCS2010-138, pp. 199-204, 2010年10月.
資料番号 RCS2010-138 
発行日 2010-10-20 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AN USN SR RCS  
開催期間 2010-10-27 - 2010-10-29 
開催地(和) 大阪大学 
開催地(英) Osaka University 
テーマ(和) 無線分散ネットワークおよび一般 
テーマ(英) Wireless distributed network, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2010-10-AN-USN-SR-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 仮想伝搬路に格子基底縮小を適用したMIMO復号の特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The Performance of Lattice-Reduction-Aided Receiver with Virtual Channel Detection for MIMO Spatial Multiplexing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 空間多重伝送 / MIMO  
キーワード(2)(和/英) 仮想伝搬路 / Virtual Channel  
キーワード(3)(和/英) 格子基底縮小 / Lattice Reduction  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉川 尚吾 / Shogo Yoshikawa / ヨシカワ ショウゴ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田野 哲 / Satoshi Denno / デンノ サトシ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 梅原 大祐 / Daisuke Umehara / ウメハラ ダイスケ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 守倉 正博 / Masahiro Morikura / モリクラ マサヒロ
第4著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-10-29 14:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2010-138 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.251 
ページ範囲 pp.199-204 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2010-10-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会