電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-10-29 13:50
シングルキャリアMIMO多重における既知系列を利用したQRM-MLブロック信号検出
山本哲矢武田一樹安達文幸東北大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) QR分解とMアルゴリズムを利用した演算量削減型最尤ブロック信号検出(QRM-MLBD)は,最小平均二乗誤差(MMSE)規範に基づく空間フィルタリングに比べてサイクリックプリフィックス(CP)を用いるシングルキャリア(SC)マルチ送受信アンテナ(MIMO)多重伝送のパケット誤り率(PER)特性を大幅に改善できる.しかしながら,十分な特性改善効果を得るためには,Mアルゴリズムにおける生き残りパス数Mの値を非常に大きくする必要があり,その結果,演算量が膨大となる.一方,Mの値を小さくすると,Mアルゴリズムの初期ステージで正しいパスを削除してしまう確率が増加するため,PER特性が劣化する.本報告では,この問題を解決できる手法として,既知系列を利用したSC-MIMO多重 (TA-SC MIMO多重)を用い,その既知系列を利用したQRM-MLBDを提案する.計算機シミュレーションにより, 16QAMを用いる4×4MIMO多重の場合,QRM-MLBDを用いるTA-SC MIMO多重は,M=16程度でM=1024とした従来のQRM-MLBDを用いるCP-SC MIMO多重と同等のPER特性を達成できることを示す. 
(英) Maximum likelihood block signal detection using QR decomposition and M-algorithm (QRM-MLBD) can significantly improve the packet error rate (PER) performance of cyclic prefix-inserted single-carrier (CP-SC) multi-input multi-output (MIMO) spatial multiplexing when compared to the frequency-domain spatial filtering based on the minimum mean square error (MMSE) criterion. However, in order to achieve the sufficiently improved performance, a fairly large number M of surviving paths in the M-algorithm is required and this results in a very high computational complexity. If smaller M is used, the probability of removing the correct path at early stages increases. In this paper, to reduce this probability, we proposed a training sequence (TS)-aided QRM-MLBD for SC MIMO spatial multiplexing. We show by computer simulation that training sequence-aided SC-MIMO multiplexing (TA-SC MIMO) multiplexing using TS-aided QRM-MLBD with M=16 can achieve almost the same PER performance as CP-SC MIMO multiplexing using the conventional QRM-MLBD with M=1024 in the case of 16QAM and 4×4 MIMO spatial multiplexing.
キーワード (和) シングルキャリア / MIMO / QRM-MLD / 既知系列 / / / /  
(英) Single-carrier / MIMO / QRM-MLD / training sequence / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 251, RCS2010-137, pp. 193-198, 2010年10月.
資料番号 RCS2010-137 
発行日 2010-10-20 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AN USN SR RCS  
開催期間 2010-10-27 - 2010-10-29 
開催地(和) 大阪大学 
開催地(英) Osaka University 
テーマ(和) 無線分散ネットワークおよび一般 
テーマ(英) Wireless distributed network, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2010-10-AN-USN-SR-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) シングルキャリアMIMO多重における既知系列を利用したQRM-MLブロック信号検出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Training Sequence-aided QRM-ML Block Signal Detection for Single-carrier MIMO Multiplexing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) シングルキャリア / Single-carrier  
キーワード(2)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(3)(和/英) QRM-MLD / QRM-MLD  
キーワード(4)(和/英) 既知系列 / training sequence  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 哲矢 / Tetsuya Yamamoto / ヤマモト テツヤ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 武田 一樹 / Kazuki Takeda / タケダ カズキ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 安達 文幸 / Fumiyuki Adachi / アダチ フミユキ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-10-29 13:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2010-137 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.251 
ページ範囲 pp.193-198 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2010-10-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会