電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-10-29 13:30
16QAM変調信号のための仮想伝搬路判定を用いた逐次復号法
今村 隼田野 哲梅原大祐守倉正博京大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) MIMO空間多重伝送の信号分離にフィルタリングによる復調を行う場合,送信側のストリーム数は受信アンテナの本数と同数以下である必要がある.そのため,基地局-移動端末間のダウンリンク通信においては,空間多重による通信容量の増大への障害となっていた.そこで,これまでに,
仮想伝搬路という概念を用いることで,送信ストリーム数が受信アンテナ数を上回るような状況下でも所望のQPSK変調信号を分離・復号を可能とする受信器が提案されてきた.一方で,その多値変調信号への応用は未だなされていない.本稿では,16QAMを例に多値変調信号への適用法を示し,多値変調信号に対しても上述の条件での復号が可能であることを示す.加えて,更に特性を向上させるための方法についても検討し,その適用方法と結果を示す. 
(英) In the down-link for mobile communications, there has been probrem that spatial multiplexing is limited because mobile terminal should be small while the number of receiving antenna restricts quantities of streams which can be multiplexed.
Therefore, architecture has been proposed which can decode transmitted PSK modulated signals when the number of transmitting streams ecxeeds the number of receiving antenna. This receiver utilize the idea called virtual channels which can double the number of antennas at the receiver virtually. In this manuscript, we introduce how to apply the idea called virtual channels to QAM modulated signals and compare various detection scheme by showing their BER performance and complexity of calcuration. Moreover, we propose additional scheme to improve BER performance of this detection scheme. The performance of the introduced architecture is verified using computer simulations.
キーワード (和) 空間多重伝送 / 逐次復号 / 仮想伝搬路 / / / / /  
(英) MIMO / Successive Detection / Virtual Channels / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 251, RCS2010-136, pp. 187-191, 2010年10月.
資料番号 RCS2010-136 
発行日 2010-10-20 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AN USN SR RCS  
開催期間 2010-10-27 - 2010-10-29 
開催地(和) 大阪大学 
開催地(英) Osaka University 
テーマ(和) 無線分散ネットワークおよび一般 
テーマ(英) Wireless distributed network, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2010-10-AN-USN-SR-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 16QAM変調信号のための仮想伝搬路判定を用いた逐次復号法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Virtual Layered Space Time Receivers for 16QAM Modulation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 空間多重伝送 / MIMO  
キーワード(2)(和/英) 逐次復号 / Successive Detection  
キーワード(3)(和/英) 仮想伝搬路 / Virtual Channels  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 今村 隼 / Jun Imamura / イマムラ ジュン
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田野 哲 / Satoshi Denno / デンノ サトシ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 梅原 大祐 / Daisuke Umehara / ウメハラ ダイスケ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 守倉 正博 / Masahiro Morikura / モリクラ マサヒロ
第4著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-10-29 13:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2010-136 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.251 
ページ範囲 pp.187-191 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-RCS-2010-10-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会