電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-10-29 15:20
OFDMA通信方式におけるユーザ間干渉軽減方式に関する検討
福井淳一内藤克浩森 香津夫小林英雄三重大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) OFDMA通信方式は,ユーザの通信環境に応じて適応変調やチャネル割り当て方式等の採用により,複数のユーザを効率よく収容可能であることが知られている.しかしながら,上り回線にOFDMA方式を用いた場合には,基地局において,ユーザごとに独立した周波数オフセットを有する送信信号が空間上で多重化されるためユーザ間干渉とキャリア間干渉が発生し,誤り率特性が大幅に劣化する問題がある.本稿では,各ユーザの時間軸上の送信信号のレプリカを作成し,受信信号との差を取ることにより,ユーザ間干渉とキャリア間干渉を軽減可能とする方式を提案する.また,計算機シミュレーションにより提案方式の有効性について実証する. 
(英) The Orthogonal Frequency Division Multiple Access (OFDMA) system has been received considerable attentions by its efficient accommodation of users by employing such as adaptive modulation and channel allocation methods. When OFDMA technique applies to the uplink from the user terminal to the base station, Bit Error Rate (BER) performance would degrade relatively due to Inter-Carrier Interference (ICI) and Multi-User Interference (MUI) caused by the occurrence of independent frequency offset in each user transmission signal. This paper proposes MUI and ICI reduction methods, which can achieve the better BER performance even when each user has a different frequency offset. The salient feature of proposed method is to compensate the MUI and ICI by generating the time domain replica signal for each user taken into account the frequency offset and frequency channel response estimated for each user, and subtract them from the received time domain signal. This paper presents the various computer simulation results to demonstrate the effectiveness of proposed method.
キーワード (和) OFDMA / 周波数オフセット / 上り回線 / ユーザ間干渉 / キャリア間干渉 / / /  
(英) OFDMA / Frequency Offset / Uplink / Multi-User Interference / Inter-Carrier Interference / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 251, RCS2010-141, pp. 217-222, 2010年10月.
資料番号 RCS2010-141 
発行日 2010-10-20 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AN USN SR RCS  
開催期間 2010-10-27 - 2010-10-29 
開催地(和) 大阪大学 
開催地(英) Osaka University 
テーマ(和) 無線分散ネットワークおよび一般 
テーマ(英) Wireless distributed network, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2010-10-AN-USN-SR-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) OFDMA通信方式におけるユーザ間干渉軽減方式に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study of Multiuser Interference Canceller for OFDMA System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) OFDMA / OFDMA  
キーワード(2)(和/英) 周波数オフセット / Frequency Offset  
キーワード(3)(和/英) 上り回線 / Uplink  
キーワード(4)(和/英) ユーザ間干渉 / Multi-User Interference  
キーワード(5)(和/英) キャリア間干渉 / Inter-Carrier Interference  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 福井 淳一 / Junichi Fukui / フクイ ジュンイチ
第1著者 所属(和/英) 三重大学 (略称: 三重大)
Mie University (略称: Mie Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 内藤 克浩 / Katsuhiro Naito / ナイトウ カツヒロ
第2著者 所属(和/英) 三重大学 (略称: 三重大)
Mie University (略称: Mie Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 香津夫 / Kazuo Mori / モリ カズオ
第3著者 所属(和/英) 三重大学 (略称: 三重大)
Mie University (略称: Mie Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 英雄 / Hideo Kobayashi / コバヤシ ヒデオ
第4著者 所属(和/英) 三重大学 (略称: 三重大)
Mie University (略称: Mie Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-10-29 15:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2010-141 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.251 
ページ範囲 pp.217-222 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2010-10-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会