電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-10-29 11:20
反射板を用いた2×2見通しMIMOの容量改善
シン キユン小田恭弘古野辰男丸山珠美大矢智之NTTドコモ
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) MIMO伝送方式は複数ストリームの並列伝送が可能な方式として,周波数利用効率が高い無線通信方式として注目されてきた.しかし,見通し伝搬路では,直接波が支配的になり,MIMO信号の分離が困難になる.そのため,見通し伝搬路におけるMIMO(見通しMIMO)は,チャネル容量が著しく低下することが知られている.
本報告では,電波を反射する反射板を見通し伝搬路上に設置することによって,見通しMIMOのチャネル容量改善効果に関して検討した.完全見通し伝搬路における2×2MIMOの固有値解析などによって,反射板の効果を明らかにし,計算機シミュレーションによってチャネル容量が増加することを示す. 
(英) As for the MIMO (Multiple-Input Multiple-Output) transmission scheme, high attention has be paid to the frequency utilization efficiency as an excellent wireless communication system in the multipath propagation channel. However, because the direct wave becomes predominant in the LOS (Line-Of-Sight) propagation channel, there is almost no independent variation of the signals, the signal separation at the MIMO receiver becomes very difficult. Therefore, MIMO in the LOS channel (LOS-MIMO) is known as the remarkable degradation of the channel capacity. In this report, the effect of the channel capacity improvement of LOS-MIMO is examined by setting up the reflector that reflects the signals on the pure LOS channel. The effect of the reflector is clarified by the eigenvalue analysis of 2x2 LOS-MIMO, and the channel capacity increasement is also shown in addition by the computer simulation.
キーワード (和) MIMO伝送 / 見通し / 反射板 / 固有値 / 固有値比 / チャネル容量 / /  
(英) MIMO / Line-Of-Sight (LOS) / Reflector / Eigenvalue / Condition Number / Capacity / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 251, RCS2010-133, pp. 169-174, 2010年10月.
資料番号 RCS2010-133 
発行日 2010-10-20 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AN USN SR RCS  
開催期間 2010-10-27 - 2010-10-29 
開催地(和) 大阪大学 
開催地(英) Osaka University 
テーマ(和) 無線分散ネットワークおよび一般 
テーマ(英) Wireless distributed network, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2010-10-AN-USN-SR-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 反射板を用いた2×2見通しMIMOの容量改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On Capacity Improvement of 2x2 LOS-MIMO using Reflectors 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MIMO伝送 / MIMO  
キーワード(2)(和/英) 見通し / Line-Of-Sight (LOS)  
キーワード(3)(和/英) 反射板 / Reflector  
キーワード(4)(和/英) 固有値 / Eigenvalue  
キーワード(5)(和/英) 固有値比 / Condition Number  
キーワード(6)(和/英) チャネル容量 / Capacity  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) シン キユン / Jiyun Shen / シン キユン
第1著者 所属(和/英) 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小田 恭弘 / Yasuhiro Oda / オダ ヤスヒロ
第2著者 所属(和/英) 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 古野 辰男 / Tatsuo Furuno / フルノ タツオ
第3著者 所属(和/英) 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 丸山 珠美 / Tamami Maruyama / マルヤマ タマミ
第4著者 所属(和/英) 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 大矢 智之 / Tomoyuki Ohya / オオヤ トモユキ
第5著者 所属(和/英) 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-10-29 11:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2010-133 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.251 
ページ範囲 pp.169-174 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2010-10-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会