お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-10-28 09:30
CIP法による誘電体円柱の平面波散乱解析
寺嶋寛之丸山哲生廣中伸二郎前田 洋福岡工大OCS2010-52 OPE2010-88 LQE2010-61 エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2010-88 LQE2010-61
抄録 (和) 現在,電磁波伝搬解析にはFDTD法が広く用いられている.しかし,パルス波の解析において誤差拡散が生じ,また,解析領域の終端に無反射吸収境界条件を考慮する必要がある.
そこで,近年CIP法が注目されている.CIP法とは,双曲型の移流方程式を差分法を用いて計算する手法で,離散点における関数値およびその微係数までを用いることから,FDTD法と比較して誤差拡散が少なく,高精度での解析が期待できる.
本報告では,2次元電磁界伝搬問題について解析領域に誘電率の異なる円柱を設置した場合をFDTD法,CIP特性曲線法,解析的近似解法で解き,誘電体円柱による散乱波の解析結果を示す.
TM波入射の場合の電界強度分布について解析的近似解との相互相関を求めたところ,CIP法はFDTD法より精度が高い結果を示すことが分かった. 
(英) FDTD method is most popularly used for analysis of electromagnetic wave propagation.
However, FDTD tends to show error due to finite difference approximation using electromagnetic field data on discrete grid.
Also, special boundary condition to absorb outgoing wave must be set up on the end of analyzing region.
Recently, CIP method is paid attention for its accuracy, because it solves hyperbolic advection equation based on data and its derivatives on grid.
By applying CIP method to electromagnetic field analysis, improvement on precision would be expected.
In this report, electromagnetic wave scattering by a dielectric cylinder situated in free space was demonstrated by analytical approximated method, FDTD method and CIP method.
The total field is compared for typical dielectric constants.
In evaluation for field intensity by cross-correlation using analytical approximated method as reference, CIP showed better results than FDTD in all case.
キーワード (和) CIP法 / FDTD法 / 解析的近似解法 / 誘電体円柱 / 電磁波散乱 / フォトニック結晶 / /  
(英) CIP Method / FDTD Method / Analytical Approximated Method / Dielectric Cylinder / Electromagnetic Wave Scattering / Photonic Crystal / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 258, OPE2010-88, pp. 1-6, 2010年10月.
資料番号 OPE2010-88 
発行日 2010-10-21 (OCS, OPE, LQE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OCS2010-52 OPE2010-88 LQE2010-61 エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2010-88 LQE2010-61

研究会情報
研究会 LQE OPE OCS  
開催期間 2010-10-28 - 2010-10-29 
開催地(和) 門司港レトロ・港ハウス 
開催地(英) Mojiko Retro Town, Minato house 
テーマ(和) 超高速伝送・変復調・分散補償技術、超高速光信号処理技術、広帯域光増幅・WDM技術、受光デバイス、高光出力伝送技術、一般 (ECOC報告) 
テーマ(英) Ultrafast transmission,signal processing/modulation-demodulation/wideband amplification,WDM technology/light emitting-receiving device/high power light delivery/etc(report on ECOC) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OPE 
会議コード 2010-10-LQE-OPE-OCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) CIP法による誘電体円柱の平面波散乱解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Scattering analysis of electromagnetic wave for a dielectric cylinder by CIP method. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) CIP法 / CIP Method  
キーワード(2)(和/英) FDTD法 / FDTD Method  
キーワード(3)(和/英) 解析的近似解法 / Analytical Approximated Method  
キーワード(4)(和/英) 誘電体円柱 / Dielectric Cylinder  
キーワード(5)(和/英) 電磁波散乱 / Electromagnetic Wave Scattering  
キーワード(6)(和/英) フォトニック結晶 / Photonic Crystal  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺嶋 寛之 / Hiroyuki Terashima / テラシマ ヒロユキ
第1著者 所属(和/英) 福岡工業大学 (略称: 福岡工大)
Fukuoka Institute of Technology (略称: FIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 丸山 哲生 / Tetsuo Maruyama / マルヤマ テツオ
第2著者 所属(和/英) 福岡工業大学 (略称: 福岡工大)
Fukuoka Institute of Technology (略称: FIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣中 伸二郎 / Shinjiro Hironaka / ヒロナカ シンジロウ
第3著者 所属(和/英) 福岡工業大学 (略称: 福岡工大)
Fukuoka Institute of Technology (略称: FIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 洋 / Hiroshi Maeda / マエダ ヒロシ
第4著者 所属(和/英) 福岡工業大学 (略称: 福岡工大)
Fukuoka Institute of Technology (略称: FIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-10-28 09:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OPE 
資料番号 IEICE-OCS2010-52,IEICE-OPE2010-88,IEICE-LQE2010-61 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.257(OCS), no.258(OPE), no.259(LQE) 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OCS-2010-10-21,IEICE-OPE-2010-10-21,IEICE-LQE-2010-10-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会