電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-10-28 13:40
分散アンテナシステムにおけるシャプレイ値を用いた伝送レート配分の検討
上田啓喜山本高至村田英一吉田 進京大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 将来的な可能性の議論として,分散アンテナシステムにおいて複数の通信オペレータが連携し,全てのアンテナを用いた連携送信を行えば更なる伝送容量の拡大が期待される.本稿ではダウンリンクにおけるオペレータ間のアンテナ連携送信が想定され,連携により増加する容量が各オペレータへ配分されるとした場合について,初期検討としてオペレータによる新規アンテナ設置方法について検討されている.この検討は,複数の事業者が単一の分散アンテナシステムを構築する状況とも捉えることができる.各オペレータの得る容量配分は提携形ゲームのシャプレイ値を元に算出されるとし,各オペレータが自己に配分される容量を最大化するよう新規送信アンテナを設置する状況が数値評価されている.その結果,各オペレータが新規アンテナを順次設置していく場合,設置の順番に関わらず大きな差はないことが明らかにされている.また,あるオペレータが容量を最大化するように新規アンテナを設置する場合,他のオペレータに配分される容量もまた増加しうることが明らかにされている. 
(英) In distributed antenna systems, the channel capacity is enlarged by cooperation among multiple service operators. In this paper, cooperation of transmitter antennas among multiple service operators for downlink is
assumed and an impact of transmitter antenna location is discussed.The capacity distributed to each service operator is calculated based on Shapley value in coalitional game.The system that each service operator locates some transmitter antennas to maximize the capacity distributed is evaluated.It is clarified that there is little difference in the capacity of each service operator regardless of the sequence of locating transmitter antenna to maximize its own capacity. It is also shown that other service operators also can achieve capacity gain when a service operator installs transmitter antenna to maximize the capacity.
キーワード (和) 分散アンテナシステム / 連携送信 / 協力ゲーム / シャプレイ値 / 伝送レート配分 / / /  
(英) distributed antenna system / cooperative transmission / cooperative game / Shapley value / rate allocation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 251, RCS2010-123, pp. 107-110, 2010年10月.
資料番号 RCS2010-123 
発行日 2010-10-20 (RCS, SR), 2010-10-21 (AN, USN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AN USN SR RCS  
開催期間 2010-10-27 - 2010-10-29 
開催地(和) 大阪大学 
開催地(英) Osaka University 
テーマ(和) 無線分散ネットワークおよび一般 
テーマ(英) Wireless distributed network, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2010-10-AN-USN-SR-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 分散アンテナシステムにおけるシャプレイ値を用いた伝送レート配分の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study of Rate Allocation Using Shapley Value in Distributed Antenna System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 分散アンテナシステム / distributed antenna system  
キーワード(2)(和/英) 連携送信 / cooperative transmission  
キーワード(3)(和/英) 協力ゲーム / cooperative game  
キーワード(4)(和/英) シャプレイ値 / Shapley value  
キーワード(5)(和/英) 伝送レート配分 / rate allocation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 上田 啓喜 / Keishi Ueda / ウエダ ケイシ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 高至 / Koji Yamamoto / ヤマモト コウジ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 英一 / Hidekazu Murata / ムラタ ヒデカズ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 進 / Susumu Yoshida / ヨシダ ススム
第4著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-10-28 13:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2010-123,IEICE-SR2010-56,IEICE-AN2010-33,IEICE-USN2010-29 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.251(RCS), no.252(SR), no.253(AN), no.254(USN) 
ページ範囲 pp.107-110(RCS), pp.117-120(SR), pp.53-56(AN), pp.53-56(USN) 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-RCS-2010-10-20,IEICE-SR-2010-10-20,IEICE-AN-2010-10-21,IEICE-USN-2010-10-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会