電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-10-28 14:30
[招待講演]物理層ネットワークコーディングの研究動向と今後の課題
四方博之関西大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 無線通信のブロードキャスト性を活用する無線ネットワークコーディングは,
無線マルチホップネットワークにおけるスループット向上技術として注目を集めている.
無線ネットワークコーディングでは,中継ノードが複数の通信フローを合成し,複数の
宛先ノードにブロードキャスト転送を行う.物理層ネットワークコーディングは,中継ノードにおける
通信フローの合成に無線通信の多重アクセスチャネルを活用することで,さらなる
スループットの向上を実現する.しかしながら,物理層ネットワークコーディングを実用的な環境で
大規模な無線ネットワークに適用するためには,多くの課題が残されている.
本稿では,物理層ネットワークコーディングの現在の研究動向をまとめ,今後の課題について議論する. 
(英) The unreliability and the broadcast nature of the wireless communications appear to set a fertile ground for developing solutions based on network coding. The key idea of wireless network coding is to combine multiple communication flows at the relay nodes and use the wireless broadcast transmission to convey the combined flow to multiple destination nodes. Such an approach exhibits a significant throughput improvement when considering bi-directional traffic flows. The physical layer network coding (PLNC) achieves further improvement by combining the flows at the physical layer through the wireless multiple access channel.
While its gain in terms of throughput is significant, there are many technical problems to
be solved for PLNC to be applied to practical and general wireless networks. In this article,
we introduce the state--of--the--art of the research on PLNC. The PLNC requires a fresh look on the protocol design and layering and we outline challenges to be tackled on when designing protocols that utilize PLNC in wireless networks.
キーワード (和) 無線ネットワーク / ネットワークコーディング / 双方向中継 / 物理層 / / / /  
(英) Wireless Network / Network Coding, / Two-way Relaying / Physical Layer / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 252, SR2010-58, pp. 129-133, 2010年10月.
資料番号 SR2010-58 
発行日 2010-10-20 (RCS, SR), 2010-10-21 (AN, USN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AN USN SR RCS  
開催期間 2010-10-27 - 2010-10-29 
開催地(和) 大阪大学 
開催地(英) Osaka University 
テーマ(和) 無線分散ネットワークおよび一般 
テーマ(英) Wireless distributed network, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2010-10-AN-USN-SR-RCS 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 物理層ネットワークコーディングの研究動向と今後の課題 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Physical-Layer Network Coding: Research Trends and Challenges 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線ネットワーク / Wireless Network  
キーワード(2)(和/英) ネットワークコーディング / Network Coding,  
キーワード(3)(和/英) 双方向中継 / Two-way Relaying  
キーワード(4)(和/英) 物理層 / Physical Layer  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 四方 博之 / Hiroyuki Yomo / ヨモ ヒロユキ
第1著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-10-28 14:30:00 
発表時間 35 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-RCS2010-125,IEICE-SR2010-58,IEICE-AN2010-35,IEICE-USN2010-31 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.251(RCS), no.252(SR), no.253(AN), no.254(USN) 
ページ範囲 pp.119-123(RCS), pp.129-133(SR), pp.65-69(AN), pp.65-69(USN) 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-RCS-2010-10-20,IEICE-SR-2010-10-20,IEICE-AN-2010-10-21,IEICE-USN-2010-10-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会