電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-10-28 13:00
AMPHIBIA: 有無線ネットワーク統合コグニティブ仮想化プラットフォーム ~ コグニティブ無線の視点から見た概要 ~
石津健太郎中内清秀村上 誉NICT)・中尾彰宏東大/NICT)・原田博司NICT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,将来の無線ネットワークサービスを実現するコグニティブ仮想化プラットフォーム(AMPHIBIAと呼ぶ)を提案する.このプラットフォームは,ネットワーク仮想化技術とコグニティブ無線技術に基づいて設計され,両技術はコグニティブ仮想化オペレータと呼ばれる主体により統合的に制御される.コグニティブ無線デバイスは,動的に生成,再構築,削除される異なる仮想ネットワークに収容され,コグニティブ無線デバイスと仮想ネットワークは同期的に再構築される.提案するプラットフォーム上では,エンドツーエンドQoS保障を可能とする無線ネットワークや低消費電力制御による経済的なネットワーク運用など,将来の無線ネットワークサービスを実現する様々なアプリケーションが期待できる. 
(英) This paper proposes a cognitive virtualization platform, called AMPHIBIA, which realizes future wireless network services. The platform is designed based on the network virtualization technology and the cognitive radio network technology both of which are integrated with interfaces controlled by a cognitive virtualization operator. Cognitive radio devices are accommodated in different virtual networks which are dynamically generated, reconfigured, and removed where the platform enables synchronized reconfigurations of cognitive radio devices and virtual networks. Various applications over the proposed platform, such as end-to-end QoS guaranteed wireless networking and ecological network operations with power-saving control, over both wired and wireless networks are expected to realize future wireless network services.
キーワード (和) コグニティブ無線 / ネットワーク仮想化 / QoS / サービスモデル / / / /  
(英) cognitive radio / network virtualization / QoS / service model / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 252, SR2010-54, pp. 103-110, 2010年10月.
資料番号 SR2010-54 
発行日 2010-10-20 (RCS, SR), 2010-10-21 (AN, USN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AN USN SR RCS  
開催期間 2010-10-27 - 2010-10-29 
開催地(和) 大阪大学 
開催地(英) Osaka University 
テーマ(和) 無線分散ネットワークおよび一般 
テーマ(英) Wireless distributed network, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2010-10-AN-USN-SR-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) AMPHIBIA: 有無線ネットワーク統合コグニティブ仮想化プラットフォーム 
サブタイトル(和) コグニティブ無線の視点から見た概要 
タイトル(英) AMPHIBIA: A Cognitive Virtualization Platform for Wired and Wireless Networks 
サブタイトル(英) Overview from the Perspective of Cognitive Radio 
キーワード(1)(和/英) コグニティブ無線 / cognitive radio  
キーワード(2)(和/英) ネットワーク仮想化 / network virtualization  
キーワード(3)(和/英) QoS / QoS  
キーワード(4)(和/英) サービスモデル / service model  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石津 健太郎 / Kentaro Ishizu / イシヅ ケンタロウ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
NICT (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中内 清秀 / Kiyohide Nakauchi / ナカウチ キヨヒデ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
NICT (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 誉 / Homare Murakami / ムラカミ ホマレ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
NICT (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中尾 彰宏 / Akihiro Nakao / ナカオ アキヒロ
第4著者 所属(和/英) 東京大学/情報通信研究機構 (略称: 東大/NICT)
University of Tokyo/NICT (略称: Univ. of Tokyo/NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 原田 博司 / Hiroshi Harada / ハラダ ヒロシ
第5著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
NICT (略称: NICT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-10-28 13:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-RCS2010-121,IEICE-SR2010-54,IEICE-AN2010-31,IEICE-USN2010-27 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.251(RCS), no.252(SR), no.253(AN), no.254(USN) 
ページ範囲 pp.93-100(RCS), pp.103-110(SR), pp.39-46(AN), pp.39-46(USN) 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-RCS-2010-10-20,IEICE-SR-2010-10-20,IEICE-AN-2010-10-21,IEICE-USN-2010-10-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会